So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

錦織 ATPテニスBNLイタリア国際ローマ準々決勝対ノバク・ジョコビッチ [ATPマスターズ1000]

愈々、錦織圭とノバク・ジョコビッチの宿命の対決となりました。

錦織圭とノバク・ジョコビッチの対戦は、前回まで錦織の2勝とその後11連敗で、
ジョコビッチは、錦織に勝数では圧勝していますが、いずれもその内容は死闘の連続で、ジョコビッチも錦織に対しては、特に宿敵と意識しているようです。。

錦織圭の右手首の怪我復帰後、漸く前試合で本来の戦い振りが見えてきた時だけに、大いにこの対戦が楽しみです。

ジョコビッチのサービスゲームで試合開始し、その第1Gで、いきなり錦織が3度のジュースからブレークします。

錦織の弱点の1stサーブの勝率も70%以上の好調で、その展開を持続して、第5Gもブレークし、勝負の第8Gをキープして、第1Sをものにし先行します。

第2Sに入り、ジョコビッチの反撃は、第2Sで錦織の1stが入らなくなり、2ndサーブを狙われ、リターンやラリーでジョコビッチに左右コーナーの深いショットで先手を取られ、錦織の甘いリターンを決められ、第2と4Gをブレークされ、第5Gをブレークバックしますが、そのまま押し切られて、このSを、6-1で落とします。

SC1-1の対となり、勝敗の第3Sで、両者の闘志が激突し、ジョコビッチは、第3と7G
を、錦織は第4Gをブレークし、後半の7.8.9はジュースで縺れますが、最後は、ジョコビッチが錦織の2ndをリターンエースで取り、ジョコビッチが2-1で勝利しました。

錦織の敗因は、第2S以降の1stサーブの勝率が、第1Sの70%台から50%台に急減したことで、ジョコビッチにこれを狙われ、片やジョコビッチは、第2Sからサーブが70%台に戻り、要所で危機を脱したために、錦織は試合の組み立てが常に守勢となったことにあります。

しかし復帰後の試合の経過から、試合感覚も戻ってきていますので、今後の活躍に注目したいと思います。



nice!(0) 

錦織 ATPテニスBNLイタリア国際ローマ大会3回戦を突破 [ATPマスターズ1000]

錦織圭の3回戦の対戦相手は、世界ランク28位ドイツのフィリップ・コールシュライバーです。

フィリップ・コールシュライバーは、ローマのレッドクレーコートを得意として、好成績を残しています。

錦織圭の2回戦ストレート勝ちはしましたが、その内容は、厳しい接戦の勝利で、この試合も、激戦が予想されましたが、

第一セットの第4Gをブレークし、さらに第6Gもブレークして、このセットを、6-1としました。

第二セットに入っても、錦織の攻勢が続き、このセットの第五と第七Gをブレークして、このセットも、6-2でとり、SCは、2-0のストレートでした。

この日の錦織は、全試合のラリーは、相手のバックに集中して配給する形から、今回は左右に振り分けてポイントを取るもので、しかも、その殆どが先手攻撃の得点で、これまでの大会で、一番強い錦織圭を見せてくれました。

この流れで次の準々決勝で、グランドスラム12回優勝を誇り、右肘怪我で復帰後は、6大会連続準々決勝進出のノバク・ジョコビッチと対戦です。



nice!(1) 

錦織 ATPテニス マスターズ1000 BNLイタリア国際ローマ2回戦 [ATP1000]

「錦織圭」対「グリゴール・ディミトロフ」(ブルガリア)のATP1000イタリア国際男子シングルス・2回戦が16日ローマで行われました。

錦織は、右手首障害の休業期間で世界ランキング34位となり、復帰戦はシードがなく、全ての試合を勝ち上がり決勝となるわけで、今年の戦いも、体力的に厳しいものでした。

前大会のマドリードでは、初回戦にジョコビッチと対戦し、2-0で敗退しており、試合を重ねながら試合感を取り戻している状況です。

今大会の第1回戦は、一つ格上のランキング33いのロペスとの対戦てした。この大会の錦織は、弱点のサーブの確率は以前よりも良いできでしたが、相手の先手攻撃に守勢の展開でし、幸い相手のサーブの確率の悪さと、2ndサーブを攻め、ラリーに持ち込み、結果は、7-6.6-4の接戦を制して、2-0で勝利しました。

今回の2回戦は、世界ランク4位で第3シードの強豪のディミトロフです。

ディミトロフの強みは、サーブとふぉあーの強打です。

試合はディミトロフのサービスで開始され、ともにサービスゲームをキープして進みましたが、第5Gで錦織が40-0のブレークポイントを迎えますが、ディミトロフの連続のサーブスエースで、簡単に40-40と並ばれます。
錦織は、ラリーをバックに集中し、時を見てオープンコートの左にアタックをかけ、これをデミトロフが強打してエラーを誘い、デュース3回の末、この第5Gをブレークしました。

その後を優勢で進め、このセットを決める錦織の第10GサービスGで、ディミトロフの攻撃と錦織の守勢の濃淡が現れ、10Gは0Gで簡単にブレークされ、その流れが続き、タイブレークで敗れて、このセットを落とします。

第2セットに入り、ディミトロフの流れが中盤まで続き、錦織は第7Gを0ポイントでブレークされます。
このままストレート負けと思われる展開で、錦織はギアチェンジを行い、次の8Gをもぎとり、タイブレークとなり、ディミトロフのサーブダブルフォルトをものにして、7-5で勝ち、タイとしました。

第3セットも死闘の攻防が続き、ディミトロフは第5Gをブロックして先行しますが、錦織は攻勢を続け、第8Gと最終第10Gをブレークして逆転の6-4で勝利しました。

この試合は、2時間55分に及ぶ激闘で、錦織は2セットの中盤までの不利な流れを、リスクの多いフォワーを多用の攻撃に切り替えた結果の勝利でした。



nice!(1) 

世界卓球選手権2018女子決勝日本対中国は日本準優勝 [世界卓球選手権]

世界卓球選手権スエーデンハルムスタッド大会女子団体戦の決勝は、予想された日本対中国の対決となりました。

日本チームは、日本最強の石川佳純、伊藤美誠、平野美宇、トリプルエースです。

中国チームは、数々のメダリストを揃えた世界最強の、リヨウ・シブン、テイネイ、シュウレイ、です。

日本の優勝は47年無く、この世紀の第一戦は、伊藤美誠とリヨウ・シブンで幕が開き、これまでの試合では見られない高速卓球の応酬となりました。

結果は伊藤が、フルゲームまでマッチポイン劣勢を逆転して、3-2で勝ち1勝します。
第2試合は、平野がテイネイと対決します。ここでも両者の高速卓球が炸裂しますが、テイネイの壁は厚く、決めようとする平野にミスが続きます。結果、0-3で敗れます。

三番手の石川は現在世界NO1と言われるシュウレイと対決します。
シュウレイは第1Gから石川のサーブを前陣で左右に鋭く攻め返し、石川のあらゆる攻撃をことごとく封じ込め、石川を翻弄します。

結果は、石川は、4.7.8の0-3で敗れます。

優勝を繋ぐ最後の4番手は、平野に委ねられ、その対戦は、世界ランク第2位のリヨウ・シブンです。
先の二番手で敗れた平野は、その雪辱を期して攻撃をしますが、リヨウ・シブンの壁に跳ね返され、ミスが先行します。

激しいラリーの攻防も、リヨウ・シブンを倒すことができず、平野は、6.6.10で敗れ、日本の夢、47年目の優勝は消え去りました。

しかし、日本女子は、ここ3大会の連続銀メダルの実績と、この大会で優勝を除くすべての試合を1Gも落とさず3-0で勝ち進んだトリプルエースの力は、中国を上回ったもので、この大会、素晴らしい戦いぶりを見せてくれました。

中国の勝因は、昨年平野の高速卓球に敗れた中国が、中国の高速卓球に更なる磨きをかけて日本対策を固めていたことと、サーブと経験の多彩さ、技術の高さ、そして体の大きさが、すきのない中国卓球を築いていると言えます。



nice!(1) 

世界卓球選手権2018日本男子準決勝で韓国に敗退する [世界卓球選手権]

日本の卓球男子準決勝の対戦相手は、宿敵韓国で、韓国代表の、チェン・ヨンスク、
イ・サンス、チャン・ウジンの三強で、日本代表の、水谷隼、松平健太、張本智和が
迎え撃ちます。

試合開始の一番手は、張本:チェン・ヨンスクの対戦で、高速卓球の張本ですが、チェン・
ヨンスクも、同様の力の応酬で、初戦から縺れ、張本が真坂の2-3で敗れます。

二番手の水谷とイ・サンスはどちらも勝たねばならない対戦で、ラリーの攻防を繰り広げ、
水谷は、この試合で三度のエッジボールで勝ちを逃しながら、激闘のフルセットを11-7で
取り、3-2で勝って、GC、1:1と並ぶ。

三番手の松平健太は、チャン・ウジンと対戦ですが、松平の得意のサーブも効果薄で、
全体的にチャンのラリー戦で押され、1-3でゲームを落とします。

後のない日本チームは、エース水谷に四番手を任せ逆転を期しますが、この日の水谷は、
何時もの気迫が感られず、チェン・ヨンスクの攻撃が先行して、0-3のストレート負け
となり、日本チームは、この準決勝で敗退しました。

水谷は、第二試合で、可なりの消耗をしていたのではないか、または腰の痛みなど
再発があったのではないかと思うほど、気迫と集中力の低下がみられました。

今年の日本男子卓球は、連続メダルが切れた大会年となりました。



nice!(1) 
前の5件 | -