So-net無料ブログ作成
検索選択

日本国憲法は国民の理性と知恵で独立させる [日本憲法]

スポンサーリンク




戦争の降りかかる火の粉は回避せねばならない。

戦争は何処の国民も望みませんが、人間社会での不可欠な現象です。

平和は戦争の対極にあるのではなく、長期の平和を一瞬で破壊する最強の手段です。
私たちは、長期の平和生活を維持するには、最悪の戦争を防ぐ、最善の予防手段が必要です。

「日本憲法」は、最善の予防手段を具備する必要があります。

さて、「憲法」は国家統治の根本理念で、「改憲を訴える政治家は、個人よりも国家に視点置くのは当然のことですが、その基盤は国民主権とその生存権にあり、それらの内容の定義は、国民の同意で成立するものです。

しかし当の国民が、この様な国の大事を認識しているでしょうか。

長い間、「平和憲法」表に、アメリカの傘を裏に擁護され、70年に及ぶ「平和ボケ」となった国民の多くは、国の危機意識に鈍感となり、、国の大事と自分の危機を身近に感ずることが出来ない、頭でっかちの利己的国民となっています。

この「憲法の改正」は、実感のない対岸の火事のような感じでいると思われます。

日本は70年前まで連合国と戦争し、これに敗戦して「無条件降伏」をし、当時の、アメリカの政策戦略で、現在の平和憲法の施行と存続がありますが、昨今の隣国などの情勢変化で、日本国民の安全性が憂慮される事態が多発しており、日本国の防衛が必須となりました。

特に隣国の今の北朝鮮の状態は、日本の真珠湾攻撃前と類似しています。

当時の日本は、世界の植民地政策と軍拡に反対し、世界の覇権諸国の制裁で、石油や資源が断たれ、負けると知りながら、国民生活を守るため、アメリカとの戦争に突っ込んでいきました。

国の内外で閉塞された人間社会は、その不安や不満、欲望や解決の群衆エネルギーを充満して、そのエネルギー発散の捌け口を求めて暴走するのが道理です。

現在は、北朝鮮や中国の、政府先導による狂った大衆心理の強力なエネルギーが、日本にその捌け口を向けて暴走パワーとなりつつあるのです。

日本国民は、理性と知恵で、この暴走を事前に止めねばなりませんが、狂暴化した暴走パワーは、理性と知恵を破壊し無力となります。

日本は法治国家であり、現在の平和憲法を順守しますが、この内容で、狂気の暴徒の暴走を対処することが出来ません。

阿部首相は、巧みな現憲法の加憲を提案しましたが、現憲法体に矛盾するもので問題です。

故に今ごまかしでは無く、この日本の有事に対処できる、真に日本国民の将来の平和を見据えた、アメリカと対等の独立国としての「日本憲法」の法規加憲が必須であり、国民一人一人の責任ある「理性と知恵」が要求されているのです。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: