So-net無料ブログ作成
検索選択

卓球世界選手権2017日本卓球界48年振りの混合ダブルス[金]吉村・石川が勝ち取る [世界卓球選手権]

スポンサーリンク




卓球世界選手権大会で、日本卓球界若手の、吉村真晴(30位)と石川佳純(6位)の両エースが、混合ダブルスのチームを組み、遂に、このドイツ大会で、 陳建安(31位)と鄭怡静(7位)(台湾)チームを破り、念願の優勝を勝ち取りました。

吉村/石川チームは、第1第2ゲームを連続で取られ、第3ゲームを取るも、第4セットも落として、後がない、絶体絶命のピンチを迎えましたが、第5、第6を取り、奇跡の逆転で勝利しました。

特に、第4セットは、常にポイントを先行される試合で、あと1本で敗退の9-10から、12-10の逆転劇は、鳥肌が立つ激闘でした。

試合展開は、8-11/8-11/11-8/10-12/11-4/11-9/11-5、で如何に激闘であったかが分かります。

優勝の最後のは、吉村が左隅に攻めてきた打球を、対面左の陳建安に、鋭いストレートで攻め、陳建安が体をよじらせて受け、卓球台で高く帰ってきた跳ね上がった球を、右の石川が、対面右隅に叩きつけた鬼神の印象に残る勝利でした。

この優勝は、準決勝の中国・ドイツペアに1-3から見事な逆転劇を演じた、その闘志の流れが、決勝でも崩れなかったもので、最後の1本を決めた石川が、その緊張が切られた涙があふれ出ました。


スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: