So-net無料ブログ作成

錦織圭全仏オープン2017第4回戦でベスト8に [全仏オープン]

スポンサーリンク




全仏オープン2017第9日目のは5日、、世界ランキング9位第8シードの錦織圭と世界37位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)との男子シングルス4回戦がパリのローランギャロスで行われました。

錦織の3回戦は、初の日韓対戦で、錦織対若手新鋭のチョン・ヒョンと、錦織が1-3となる寸前の雨で中断されて次の日に順延となり、次の日もその不調を引きずり、タイブレークで押された展開で、チョン・ヒョンのダブルフォルトとアタックショットのオーバーで、7-5で勝利しましたが、内容は終始押された、明らかに運が味方した試合でした。

この余韻を引きずる4回戦が気になりましたが、好調なベルダスコに、不甲斐ない試合運びで、6連続負けとなり0-6の完敗となります。

このままだは完敗すると感じた錦織は、第2Sから捨て身の攻撃に転じます。
ここから激しい2桁ラリーの連続となりますが、錦織の精度が整い始め、攻めが先行してウイナーで仕留める展開でとなり、結果は、0‐6、6‐4、6‐4、6‐0の、SC 3-1 で逆転勝ちをし、2年ぶり2度目のベスト8進出を果たしました。

この試合のハイライトは、第2Sの錦織のサービスゲームで、0-40の危機をラリーで凌いだことです。

このSから徐々に錦織のリズムが出て、両者の毎回の激しラリーの攻防合戦をウイナーで取る展開となり、本来の錦織のレシーブからの粘りが見られました。

ただ、この試合でも錦織の1stサーブの確率は又か又かの50%台の低さで、終始ラリー戦を強いられたことです。

次のマレー(第1シード)戦で勝つためには、錦織の1stが決め手となります。


スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました