So-net無料ブログ作成
検索選択

世界卓球女子ダブルス みなひなぺア 銅メダルの快挙です。 [世界卓球選手権]

スポンサーリンク




世界卓球2017ドイツで、世界女子ダブルス日本代表の16歳、伊藤美誠と早田ひな「みなひな」ぺアの活躍が世界の注目を集めていますが、5日、大会8日目、世界ランク1、2位の中国最強ペア、丁寧、劉 詩ブン (りゅうしぶん)と準決勝で対決しました。

「みなひな」ぺアは緊張の様子もなく、試合開始の第1Gから4連続ポイントを連取し、このまま・・と期待しましたが、流石に中国ペアはその後、6連続ポイントで逆転して、一瞬の固唾も許されない攻防の応酬となりましたが、中国ペアが勝り、12-14で敗れます。

続く第2・3Gも、9-11,6-11,で連続して取られ、最早後のない「みなひな」ぺアは、自分たちペアのスタイルを信じて戦い、次々と相手の隙に強打を打ち込み、第4Gを11-6で勝ち取ります。

しかし、キャリアと実力に勝る中国ペアは即反撃に転じ、「みなひな」ぺアを揺さぶり空いたコーナーを攻めて第5Gを4-11で取り、中国ペアが4-1で勝利しました。

「みなひな」ぺアは準決勝で敗退しましたが、世界のトップとの1歩も引かない闘志と技術で対抗した超高速卓球の闘いぶりは、中国ペアの誇りを掛けた必死の戦いぶりに証明されたものでした。

試合後、「みなひな」ぺアは、自分たちの闘いと銅メダルの獲得を褒め、中国ペアの戦術と技術の高さに尊敬し、今後の目標の再確認をしていました。

日本代表の16歳「みなひな」ぺアの今後の進化と活躍が期待されます。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: