So-net無料ブログ作成

錦織圭全仏オープン2017準々決勝マレー戦で力尽きる [全仏オープン]

スポンサーリンク




錦織圭(8)全仏オープン2017準々決勝マレー(1)戦は、7日23:30から行われました。

錦織の復調が懸念されましたが、試合開始から積極的攻撃的プレーで、一気に第1Gを6-2で先行し、この調子であれば、マレーは防戦的で確実にマレーに勝つ勢いです。

しかし、第2Sの第2Gから急激に錦織のぱふぉーまんずが落ち、逆にマレーが勢い付いて形勢が逆転します。

錦織は、第2Sのマレーの第1Gに15-40の2ブレークポインアップとリードしながら、ミスショットを連発してブレーク出来ず、ここからもミスが多くなり、逆に第4.第6をブレークされ、第2Sを1-6で落とします。

錦織はここから左右に揺さぶりをかけ何とか立て直しを図りますが、マレーの調子が戻り、マレーの攻撃的の中で、錦織のラリーナスが要所で出て、また、1stサーブの確率も20~50%弱と、全く低調な展開で、第3S:6-7、第4S:1-6と競り負け、SC:1-3で敗退しました。

今大会の優勝を狙い、初戦からの激戦を制してベスト8に進み、この試合も好調発信をした錦織に、第2S前半から攻守が逆転の展開となったことは、信じられないことでした。

しかし敗因は、精神的重圧から、調子のよい時に現れる攻め急ぎからのアンフォーストエラーの多発、そして、余りにも低い1stサーブの入りで、自滅の試合であったと言えます。

次ハウイブルドンの再起を期待します。


スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました