So-net無料ブログ作成

シンギュラリティ「技術的特異点」と人間の生存 [人工知脳]

スポンサーリンク




シンギュラリティ「技術的特異点」とは、AI「人工知脳」が人間の脳を超えることで起こる無限大の到達点のことで、特に、人類が寿命を超越することやAIが人類滅亡の脅威となること、など、人類の優位性が、技術に追い越され、技術的脅威に晒される危険が生じる転換点を言います。

その一つに、予想的中率86%を誇る世界に著名な未来予測者、レイ・カーツワイル氏の「人は永遠の命を得る」があります。

氏は、現在グーグル社の研究部門に籍を置く、その最高責任者研究者で、その第一人者の氏が、最近開催されたSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)会議で、この「人は永遠の命を得る」の新たな予測を開陳し、世界の注目を集めています。

レイ・カーツワイル氏は、このAI「人口知能」が、人間より優れた判断を下すようになる瞬間が2045年までに来る」とし、、「2029年にはAIは、人間の知能を凌駕している」と予測して、「2030年代初頭には、人間の意識を全て電子化でき、その結果、われわれはどこにいてもアイデアや経験を瞬時に交流できるようになる」ことで、AIは、人間の意識を他の生物や物質に移植することで、人の姿を他に変えて、永遠の命を手に入れる」と予言しています。

シンギュラリティの時代は、人間と各種のAI生物が、その生存をかけて共存するか戦うか、現代から見た「異次元の世界」が予測できます。

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました