So-net無料ブログ作成
検索選択

杉田祐一ATP250アンタルヤ・オープン(決勝7月1日・トルコ)で初優勝 [ATPワールドツアー]

スポンサーリンク




杉田祐一(三菱電機 28)は、ウィンブルドンの前哨戦の、ATP250アンタルヤ・オープン(トルコ)で、優勝しました。

これは、日本男子テニスシングルスで、松岡修造(49)、錦織圭(27)(日清食品)に続く3人目のツアー優勝の偉業です。

杉田は現在、世界ランクは錦織に次ぐ43位で、昨年のウィンブルドン後は、チャレンジャー大会から一段上のツアー公式戦を回り、杉田より上位の「トップ20や、ランキング的にいい選手を破る戦績を挙げてきました。

そして、グランドスラムの今月のウィンブルドンでは、1回戦をストレートで勝ち、第2回戦で、同51位のアドリアン・マナリノ(29=フランス)に、1-6、7-5、6-4、6-7、2-6のフルセットで敗れ、4大大会初の3回戦進出は出来ませんでしたが、グランドスラム四大大会初勝利を挙げました。、

杉田は記者会見で、「大会数を減らせばその分、獲得ポイントが少なくなるが、試合を減らしてトレーニング期間を作り、思い切って休養とトレーニングにあてて、その後の大会で全力を発揮できる状態に持っていくことを心がけてやっている。どこかで爆発できればと思っていたが、今回、芝のシーズンで結果を残すことができた。このサイクルを続けられればランキングを維持できる可能性は十分あると思っている」と、18日、都内の記者会見で話しました。

又自分のランクについては、国内に軸足を置いて強化を図り、日本でやっていても可能性があると証明したい」と強い信念を語っています。

尚、次の全米オープンは、トレーニング期間に充てる考え方のようです。

是非、錦織同様に、ウインブルドンを沸かす選手として活躍することを期待します。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました