So-net無料ブログ作成
検索選択

北朝鮮のミサイルと平和ボケ日本の恐怖 [戦争]

スポンサーリンク




9日、トランプ米大統領は、北朝鮮のグアム米軍基地にミサイルを発射する威嚇予告に対して、若しそのような攻撃が行われれば、北朝鮮は、今までの歴史に無い大きな破滅を見るであろう。と警告しました。

これは【ソウル時事】の10日の朝鮮中央通信で、9日に、北朝鮮軍の金絡謙・戦略軍司令官が、中距離弾道ミサイル「火星12」4発を同時に米領グアム島周辺に向けて発射する計画を検討していると表明したことによるものです。

この計画は、北朝鮮のミサイルが「島根、広島、高知の各県上空」を通過し、グアム島周辺30~40kmの水域に着弾することになると報道したことへの忠告です。

北朝鮮のミサイル飛行距離予告計画は、3356.7km、飛行時間は1065秒(17分45秒)を想定し、8月中旬までにその作戦計画を最終完成させて、核戦力の総司令官である金正恩朝鮮労働党委員長に報告し、その後は、発射待機態勢で命令を待つことになるとしています。

この発表の狙いは、特に米国に対し、具体的な作戦計画を公表することで、米国や日本を強くけん制することです。

この報道に日本国民はどの様に受け止めているのか?が問われます。

いざ北朝鮮と米国の開戦となれば、日本国民は数分内で避難を完了しなくてはなりません。単に平和憲法を口にする平和ボケの日本は、その被爆防御の知識も準備も無いまま、広島と長崎の原爆以上の大被爆惨事を招くことになります。

平和憲法が北朝鮮のミサイル発射を止める事は出来ないのです。
韓国も米軍も日本の被爆を防ぐ事は出来ないのです。

そんな危機意識欠如の現在の日本国の空気に、開戦の恐ろしさを禁じえません。




スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0