So-net無料ブログ作成

水力発電が再び脚光 !! [再生エネルギー]

東京電力福島第1原子力発電所の事故後の原発稼働停止など、電力各社の原発発電の低迷を受けて、再生可能エネルギーの開発が注力されていますが、その中で、大規模、クリーン、安定、安価な電力供給に、水力発電が再度注目されてきています。

過去政策的に水力発電のダムなどの保全費用が無駄な経費とされ、逐次、原子力発電に移行してきましたが、原発事故の教訓から、水力発電が見直されてきたものです。

関西電力は9月、富山県黒部市の弥太蔵谷川(やたぞうだにがわ)に、1985(昭和60)年に廃止した発電所の導水路などを活用し、水力発電所を建設することを決め、2021年4月に着工、22年12月の運転開始を目指すとしています。



関電は更に、同水系の黒部川第2発電所も2021年までに同出力を、現在比4%増の約7万5000キロワットに増強する計画で、関電は30年に再エネを現在の33万キロワット(計画含む)から50万キロワットに引き上げる方針としています。

東北電力は9月、11年から改修していた鹿瀬発電所(新潟県阿賀町)の運転を再開した。発電機を6台から2台に減らしたが、高効率の水車を採用。最大出力は5万4200キロワットと従来比約5000キロワット増えを、北陸電力グループは新潟県糸魚川市に年約8500万キロワット時を発電する水力発電所を22年に新設する計画です。


東日本大震災を受け、国土交通省は13年、河川環境や河川使用者への影響が生じない場合に限り、水力発電所の新設・増強に必要な取水量を増やすための手続きの簡素化を打ち出した。これにより、電力各社は出力増強がし易くなりました。

この背景から、既存河川の水流や高低差を活用した出力3万キロワット未満の中小水力発電所の建設市場が広がると予想され、FITでは新設した中小水力発電所の電気を1キロワット時当たり、規模に応じて24~34円で買い取り、今年度から19年度にかけても20~34円での買い取りが決めています。

世界が経済の低成長期に入った現在、政府は電力発電に係わる、経産省、資源エネルギー庁、国土交通省、環境省など、現在の再生可能エネルギー関連縦割り行政の非能率と連携不備を改め、日本の恵まれた地形で、再度、水力の再生可能エネルギーの可能性と技術を活かし、完全な治水を含めた、総合的再生可能エネルギーの国策促進が必須な時です。



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

原発ゴミ「高レベル放射性廃棄物」の処分は!! [核燃料処理]

東京電力福島第1原子力発電所の事故はもとより、原子力発電に伴い発生する原発ゴミ「高レベル放射性廃棄物」の廃棄処分場について、その候補地を要請していますが、国内何れの町村もその受け入れを拒否しています。

この「原発ゴミ」とは、その名の通り、高い放射能の液体ですが、この液体を高温ガラスと混合したガラスの固形化したもので、危険な「高レベル放射性廃棄物」です。

世界各国が採用するこの処理場は、「原発ゴミ」を、その放射能が生物から安全に隔離する「地層処分」と言われる、岩盤の深部の地下層にその処理場を設けることになります。

それは、放射能の無害化までには数万年はかかり、地下300メートルに廃棄する事が必要となるためです。

政府が作成する「地層処分」候補地を特定する「科学特性マップ」がありますが、これには、1)好ましくない特性があると推定される地域(地下深部の長期安定性等の観点)(2)好ましくない特性があると推定される地域(将来の掘削可能性の観点)(3)好ましい特性が確認できる可能性が相対的に高い地域(4)輸送面でも好ましい地域-の4つに分類され、この中で、(1)と(2)は候補地になり難いが、(3)か(4)は候補地になり易いとしています。

このマップの適性処分地を調査したところ、火山や活断層、地下資源が存在するなど8つの条件に当てはまる地域を除いた上で、「原発ゴミ」を保管地から海岸から20キロメートル以内の輸送しやすい沿岸部を好ましい基準としての結果は、日本国海岸地帯一帯の約900の自治体の地域が安全に処分できる可能性が高いことが分かり、全国の約3割が該当しますが、その中に、東京都の殆どの地区がその適性地となります。

28日午前に開いた政府の関係閣僚会議でこのマップの公表を決め、全国の自治体に通知しました。
ただ、殆どの候補地が拒否の現状で、地元の周辺環境への影響評価や、実際の掘削調査など、れらの理解を得て最終処分地を決めるまでは可成りの期間を要するため、その決定には、20年程度かけて建設場所を決めるとしています。

日本の将来の世代に「負の資産」を残すこの「原発ゴミ」の課題は、痛みを伴いますが、現在まで、その利益を受けた現代の国民が、その処理の社会的責任を受け、1日も早く、立候補地の決断を望む者です。



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

レアアースの世界的高騰 [ニュース]

希土類レアアースの世界市場の8割超を産出する中国で、増大していた違法採掘業者が採掘する採掘鉱山の閉鎖など、その取り締まりが進む中で、世界的EV電気自動車や再生可能エネルギーの発達で、クリーンエネルギー市場が拡大していることで、その総体的供給が縮小したため、軽希土類の原料であるプラセオジムネオジム酸化物やネオジムは、今年に入ってからプラセオジムネオジムが2倍近くに上昇し、ネオジムは8月だけで3割近く上昇し、年初来でみれば81%に上昇していると言われます。

レアアース(希土類)と呼ばれる金属元素は、鉱種レアメタルの中の1鉱種で、今から約200年程前のスウェーデンで採取された鉱物の中からイットリア(Y2O3)を発見し、その希少性から希(まれ)な土類と分類され、それら計17元素の総称がレアアースです。




中国では、この希土類の政府在庫量の備蓄購入が進める中で、空気汚染などの公害対策に、EV電気自動車の販売が拡大し、前年比で55%の伸び、69万5000台に達しており、更にこの台数を拡大するとし、BNEF(ブルームバーグ新エネルギー・ファイナンス)は、2040年には新車販売の半数以上がEVになると予想していいて、希土類市場は、今後、レアアースが不足する可能性を報じています。

尚、レアアースの生産国は、米国が第1位で、中国が2位、日本は3位にありますが、日本は金額ベースで、米国の45%、中国の30%程度です。
nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

安倍政権予定の勝利と希望の党は敗北 [選挙]

阿部首相の衆議院解散を受け、日本全国が選挙モードに変わり、政権がどう変わるかが問われました。

この解散は、安倍政権の延命を狙ったこの抜き打ち奇襲解散で、分散野党は圧倒的不利の中での選挙となり、その対応の戦略も無いままに大敗しました。

衆院選の前までは、都知事の小池人気が高まっていて、直前に「希望の党」の設立で、対自民公明の政権と対峙できるのではとの期待がありましたが、にわか作りの戦略と組織力の弱さと一時的人気の高まりによるおごりと選挙への気負いで民進党との共闘とならず、党首も立たずに安倍1強政治の受け皿とならないことが国民のイメージを下げてしまい、その戦略ミスが命取りとなり大敗となりまた。

このミスで、「希望の党」の結党メンバーで小池百合子氏の側近でもあった若瀬勝氏が小選挙区と比例でも落選する大きな誤算も生じてしまいましたし、希望の党が、国民の希望として考えていた「ベーシックインカム」国政の改革案も民衆には届かぬものでした。

首相の抜き打ち衆院解散は「小池新党」への警戒もあって行われたもので、首相は、その政権獲得に、233/465議席のもくろみ臨みましたが、野党第1党が予想された「希望の党」と、民主党の合体分裂で対抗馬が消滅し、自民党は逆に大きな漁夫の利を占め、躍進となりました。

選挙前自民党は、290議席、公明党35議席で、計325議席から、自民党284議席、公明党29議席、計313議席と、憲法改正発議310議席を確保の圧勝でした。

これ等からも俯瞰して分かることは、今回の選挙は、目先の国民の不安の、北朝鮮問題、消費税、教育の無償化、経済回復と表面的課題を並び立て、その危機の解決には、マニフェストの憲法問題は伏して、強く安定した政権維持が必要性を訴えたもので、日本国民が期待する将来像のイメージが見えない選挙戦でした。

この様な玉虫の政党と政策では国民は選択肢を絞れず、投票義務の選挙を強いらた結果となり、与党の数だけの大勝となったと考えます。

ただ、一部国民の理性が「立憲民主党」を選択したとことと、共産党が身を削り二大政党の基盤づくりに奮闘した姿は、政治の救いと言えます。



nice!(1) 

村田諒太 ボクシングWBAミドル級タイトル戦 前回の雪辱 [スポーツ]

世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチが22日、東京・両国国技館で、同級1位の村田諒太(帝拳)と王者アッサン・エンダム(仏)の前回5カ月前の試合で、1-2の不可解な判定負けに決着をつけるために、新3名のジャッジによる再戦が行われました。

この再戦の結果村田は、前回の屈辱をTKO勝ちでリベンジして、堂々の新王者となりました。

村田は2012年のロンドン五輪金メダリストとなり、過去に日本の五輪メダリストは5人いるが、プロに転向して、世界で選手層の厚いミドル級で、世界王者になったのは村田が初めてであり、日本のメダリスト選手で世界を制したのは、竹原慎二以来22年ぶりの快挙となりました。

前回の対戦は、エンダムがヒット・アンド・アウエィ先方で、村田は相手の出鼻をカウンターで狙う戦い方で、手数はエンダム、ヒットは村田の試合展開で、4回にダウンも取った試合でした。

今回は、エンダムが9月に左足首を痛め、40度近い高熱も出すなど事前の調整は不十分と言える状態からか、また、村田も前回の手数が少なく得点が得られないジャッジの反省から、共に両者は足を止めて打ち合う展開となりました。

試合の1回戦は、エンダムが左ジャブなど手数を出してプレッシャーをかけるが、村田は前回の対戦とは違い、パンチを繰り出す打ち合いの展開となります。

2回戦のエンダムはパンチを当てては距離を取る戦術を取るが、村田はじりじりと相手をロープ際へ追い込み、ボディにパンチを打ち、引かない攻撃です。

3回戦は両者額をつきあわせての打ち合いで、エンダムは手数を繰り出すが、村田はパンチのワンツーが上下に効果的に打ち分け、更に右アッパーが決まる。

4回戦に村田の右ストレートがカウンター、左フックがエンダムの顔面をヒット優勢に試合を進める。

5回戦も村田の右パンチが何度もエンダムにヒットし、そしてボディに左フックと終始優勢な展開で進む。。

6回戦の村田は、左のパンチを有効に使って試合を進め、終盤に、右ストレートを顔面に決めてエンダムをぐらつかせる。

7回となり、これまでの村田のヒットでエンダムの疲れが見え、村田は左右のパンチをバランス良く繰り出し、的確にパンチをヒットさせて、村田の勝利が見えた7回終了後に、エンダムは棄権し、村田のTKO勝ちしなりました。

村田はこの5カ月間、村田は前回の試合の映像を繰り返し見て、前回の試合が判定勝ちと思い9回以降、圧力を弱めたことに、「なんで倒しに行かへんねん」と反省し、また、金メダリストとして、プロで負けることは「自分の存在を失うこと」になると気弱になり、リスクを冒さず負けない戦いを続けてきた自分に気づき、今回はリスクを負ってでも前に出て攻めると決めたと言います。

村田の心技が出し切れた試合が、この完全決着となったのです。



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ