So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭ゲリーウェバーOP2017初戦 [錦織圭]

錦織圭は、ウィンブルドン前哨戦となる今大会で、その初戦を、世界ランク34位の、ダブルスペアを組んでいる、F・ベルダスコ(スペイン)と対戦です。

錦織は、試合開始から積極的な攻撃を仕掛け、終始リードした展開でしたが、ベルダスコも粘り、タイブレークに持ち込まれて、その4-4からベルダスコのサービスエースと深いラリーで4-6と逆転を許し、ベルダスコは7-7から、ラリーとサービスエースを決めて7-9で制して、錦織は、第1Sを、6-7(7-9)で先行されます。

第2Sは、錦織のサーブから、第4Gをブレークしこれで優勢かと思いましたが、次の第5Gでブレークバックされ、又も混戦かと思われましたが、ベルダスコにダブルのミスショットが出て、錦織はそのまま逃げ切り、6-3で勝利し並びます。

勝負の第3Sで、錦織はその第2Gで、0-40の3本のブレークポイン握られましたが、これをキープ、ベルダスコの第7Gを錦織はブレークします。

その後に、ベルダスコは股関節を痛めてメディカルタイムアウトしましたが、試合は続行されました。

そして、第10G 錦織のserving for the matchを6-4で制し、フルセット2-1の逆転で初戦(1回戦)を突破しました。

この試合は、ラリーは有利と言われた錦織でしたが、中盤からは、ベルダスコの強打に押される場面もしばしばあり、又、課題のサーブは64%でしたが、ベルダスコは71%、サービスエースは、ベルダスコの14に対して、僅に3と言う結果で、非常に苦しい勝利でした。

錦織の第2回戦は、世界ランク38位のカレン・カチャノフ(ロシア)と22日の予定です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ