So-net無料ブログ作成

日本の少子高齢社会は後10年でどう変わる [少子高齢化社会]

日本の少子高齢社会は2025年には、人口密度の高い団塊の世代が、愈々75歳を超える後期高齢者に到達しますが、これらからこの10年間で日本の人口はおよそ700万人が減少するため、『超・超高齢社会』が現実化すると予測されています。

それは、政策研究大学院大学名誉教授の松谷先生が警鐘を鳴らす『2025年問題』で、「これから10年間で、日本の人口は700万人減り、15歳~64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込み、他方の、65歳以上の人口は3500万人を突破し、2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。と言うものです。

又一方に、少子高齢化社会を背景とした超労働力不足に対応するために、産業社会のAI化が進んでいますが、この影響から、業態の働き方の大変化で、厚生労働省のデータでは、この10年間で、事務職や工業系技術者は14%、農家や漁師は30%、また土木作業者や建設技術者は40%も減っている一方、介護関係職員は倍以上に増加し、葬儀関係者も1.5倍に増えており、この傾向は2025年までにますます加速するとしています。

この背景で、単純労働者は急減し、その賃金も低下と、知能労働者の人不足と賃金の高騰化が考えられますし、超高齢化社会は、痴呆症や老化が進行して、介護や保護、医療関係の社会保障が、現医療保険旧総額54兆円から、更に12兆円を超える膨大な費用が必要となると予想されているのです。

これらの背景で、社会に貧富の差が急速に増大することで、社会弱者の救済政策が必要となりますが、
それのみならず、急増する医療補助、及び年金問題も在り、それらの対策と財源の捻出が『2025年問題』で、政府の喫緊の課題でもあり、同時に国民一人一人に降りかかる一大事でもあるのです。

 

nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

「希望の党」公約「ベーシックインカム」国の大改革とは [選挙]

「ベーシックインカム」は、小池百合子氏の「希望の党」が公約としている制度ですが、その中身はどの様なものなのでしょうか。

「希望の党」の言う「ベーシックインカム」とは、超高齢化の経済格差社会で、国民のお金持ちから失業者迄全員に生活に最低必要なお金の給付を行うと言う「国民皆生活保障制度」となる「社会保障制度」です。

此れだけを見ますと、あたかも社会主義国の福祉制度のような気もしますし、また、今の日本で若しこの制度が実施された場合の公共や産業社会の構造に大変化が生ずることと、この制度を維持する財源の根拠も不明です。

更に見て見ますと、この制度の実施は、公共機関と政府の支出を大幅に削減できる大改革となるもので、現在施行されている、失業保険、生活保護、年金、介護保険、私立助成金、子供手当などを全廃し、
労働者を保護するための、最低賃金、労働組合、解雇規制、派遣法、職業安定所などシステムも全廃が可能になりますので、国民全員が生活の不安から解放され、生き甲斐のある職業や生活の選択が可能となる制度で、国の社会保障制度に関わる業務が皆無になり、人のライフスタイルも変わる大改革が、この「ベーシックインカム」です。

肯定の専門家や支持者はこの制度を、人々は「生活費を稼ぐために働く」ことから解放され、「生きがい」や「より良い生活」のために働くようになるし、その結果、今のように「過酷で給料が安い」仕事には人が集まらなくなり、過酷な仕事にはそれなりの高給が支払われるようになる。

なお、人々から「生活費を稼ぐためには働かなければならない」という弱みから解放されることで、労働市場に競争原理が働くようになり、芸術家、音楽家、作家などの職業を選ぶことも容易になるとしています。

さて、この大改革構想の実現には、「ベーシックインカム」導入の財源と、現制度に廃止で生まれる原資の総額の算出と、これら公共業務に係わっている人たちの解雇や、産業界の労働組合など関係者の大反発が予想されることから、これ等は大難問となりますし、その後の大幅な税制改革も必要になるでしょう。

又、産業間の労働市場は自由化しますが、他方に社員不足となるリスクも大いにあり、日本経済にどの様な成長をもたらすかは不明です。

ですが、「ベーシックインカム」成功の目途が立つのなら、行き過ぎの資本主義の貧富格差を是正する、真に新しい日本国が誕生すると考えます。



nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

防衛庁最新鋭潜水艦の建造1隻760億円日本のシーレインを護れるか [自衛隊]

防衛庁は29年度予算760億円を投じて、平成33年度末までに、最新鋭潜水艦を建造するとしています。この防衛構想は、沖縄那覇に司令部を置き、石垣島や尖閣諸島周辺の海空域で、沖縄防衛の南西航空の航空機を40機に倍増し、自衛隊の南西航空海自混合団を、南西航空方面隊に格上げする。

最新鋭の潜水艦は、従来のディーゼル動力艦を進化させたAIP動力装置を搭載した、そうりゅう型と呼ばれ、原子力動力を持たない通常型潜水艦では、世界最高水準の長時間の潜航が可能となり、その装備は、その静粛性と敵の潜水艦の位置や艦種を、強力な音波探知機で探る能力を持つ特徴がありると言われます。

これは、中国の戦略ミサイル漢型原潜を含む潜水艦約60隻などの領海侵犯の脅威に、そして、海南島に作られたた新たな潜水艦基地に対処するもので、日本はその数1/3を目指した計画で、日米と共に中国の南シナ海進出の制止力強化を阻む狙いとなります。


その海南島に作られたた新たな潜水艦基地は地下基地となっていて、その基地に続く数十キロにわたり地底道を完成しつつあるこの脅威は、これら補給や戦艦の出港や帰港を上空から察知することが困難と言われます。

これに対処するためにも、日本の横須賀と呉の潜水艦隊軍の、耳の船「おやしお型」とその性能をより高めた新艦の「そうりゅう型」の配備が急がれるのです。

現、耳の船「おやしお型」の製造価格は1隻約500億円と言われ、世界的にも非常に高価な潜水艦ですが、性能も世界一と言われるものです。

また、「そうりゅう型」は、AIP「非大気依存型推進」のディーゼルエンジンの、従来型は、大気中の酸素を取り入れ、二酸化酸素を排出するため、シュノーケル航走や定期的に浮上を必要とするものから、機関内の気体を熱膨張させ、水冷で収縮してピストン動力とするもので、長期間潜航できる優れものです。

が、潜水艦の命と言われる限界深度については、現在、世界最強の潜水艦シーウルフ限界深度は610mを有すると言われ世界一ですが、そうりゅう型のそま性能は(軍事的にも機密とすべきもの)、この世界一に勝るかは不明です。



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

歯周病は日本の沈黙危険な国民病 [健康長寿]

貴方の大切な歯を「歯周病」(歯槽膿漏)で失っています。

人の歯の正常の数は、24本ありますがあなたは今何本残っていますか。

日本人の平均残歯数は、10歳で28本ですが、40歳で27本、80歳では何と12本です。
これをと比較しますと、スエーデンの25本と比較しますと愕然とする惨状の本数です。

歯を失うと言うことは、入れ歯で補う事は出来ますが、臨床的には、痴呆症や脂肪のリスクが高まることが分かっています。

では何故このような差異が生じるのかは、当然歯を失う前から貴方の身体に異変が生じているのです。
日本人が歯を失う最大の原因は「歯周病」によるものです。
「歯周病」とは、歯や歯の間に付着する食べカスなどの中の細菌が歯肉に炎症を起こす疾患です。

この「歯周病」は、日本では成人の20代から60代の80%が罹病していると言われ、これが原因で、口臭、関節炎、骨粗鬆症、呼吸疾患、メタボリック症候群、糖尿病、心臓疾患、脳疾患、誤嚥性肺炎、早産、早い死、のリスクに結びつくことが分かっているのです。

日本の歯科診療所は至る所にあると言うくらい流行っていますが、「歯周病」の正しい「口腔内ケア」を教育するところは稀です。

「口腔内ケア」をする処でもでも、その教育機関ではないので、主として、歯ブラシの使い方や歯ブラシと歯磨き粉の宣伝をするのみで、一般国民は、この「歯周病」の認識は、極めて薄い状態にあります。

ではこの「歯周病」の予防は如何すれば良いのでしょうか。

それは、歯科医に行くのではなく、貴方の歯間の歯垢を取り除く、正しい「口腔内ケア」が大切となります。

それは、「歯周病」予防が出来ている人の専門機関の調査では、男性で10%台、女性で20%台で、如何に正しい「口腔内ケア」がされていないことが分かります。

幸い最近になり、全国2400人の歯科衛生士の方が、歯周病撲滅の「グッバイ・ペリオ・プロジェクト」を設立して、性先端の「口腔ケア」活動に乗り出しています。


「歯垢ケア」の基本は、口腔内の汚れの除去ですが、それは、上あご、頬内側の粘膜、舌、歯についている歯垢、入れ歯の汚れ、口腔内の乾燥が対象となります。

歯磨きには、歯垢ケア用歯ブラシ、痰(たん)ブラシ、舌ブラシ、綿棒、歯間ブラシ、歯周病用歯磨き粉、を用意し、これらの用具で、起床後、就寝前に、「歯磨き」「口腔内磨き」「保湿」の「口腔内ケア」を行うことです。

尚、この認識を持ち、歯科医の歯周病検査や歯科衛生士の口腔内ケアを予約して、その定期的指導を受けることも大切です。



nice!(0) 
共通テーマ:健康

ストレス社会を意識し生きることの大切さ [ストレス]

現代社会の人や生物は、ストレス社会と言われる中で生活し、ストレスの多大な影響を受けています。

ストレスには、精神や肉体などで生ずる多様のストレスが存在しますが、このストレスが人体に与える悪影響が、昨今臨床医学などで徐々に解明されてきました。

人がストレスを感じますと、脳の中心部にある偏桃体が刺激されて活動し、そのシグナルが副腎に指令を出し、副腎からストレスホルモン「コレチゾール」などが全身に放出され、脳の偏桃体と視床下部を刺激することで、更なるストレスホルモンの分泌を高める悪循環で、身体を緊張させて行きます。

このストレスホルモンの神経作用は、血管を締め付けて血圧を上げ、心臓の脈拍を早くし、免疫の活動を抑制します。

身体はこれらの作用から、脳細胞の損傷で、脳梗塞や脳出血などを起こし、また、うつ病、心不全やがんの発症、ジンマシンやアレルギー、胃潰瘍などの胃腸障害、不眠症や自殺など、多岐にこの影響が及ぶことが分かってきました。

更に、このストレスが長期間持続しますと、身体はその悪影響状態が常態となり、身体が順次蝕まれて、生命に係わる影響のストレスを「キラーストレス」と呼びます。

これ等ストレスホルモンは10種程度あり、その代表的なストレスホルモンが「コレチゾール」です。

このような人体への悪影響を及ぼすストレスを避けることが大切であり、この研究も並行して行われています。

そのストレス対策は、日頃から、ストレスを消滅する訓練を身に付けることです。

それには、「ストレスの気」を逸らすもの、歩く、運動をする、好きな趣味を行う、おしゃべりをする、笑う、旅行をするなど、自分を楽しませる気晴らし方策を多く作り、その時々のストレスに合わせて引き出して用い、そのストレスを断ち切ることが大切です。

ストレス社会は、常にあなたの自律神経を緊張させて、貴方の身体は常時緊張状態となりますので、貴方の健康は徐々に蝕まれていることを忘れず、早めに「ストレスチェック」などを受けるなど、このストレス病に対処し切断することです。




nice!(1) 
共通テーマ:健康