So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

原爆の日と核兵器禁止条約 [核兵器]

核兵器禁止条約と核軍縮の歩

世界で最初に原爆が投下された8月6日と9日は、日本にとって特別な日であります。
原爆記念日は、この人類の惨劇を永久に忘れず、世界の核兵器廃絶により平和な世界を祈念する日であり、私たち国民が核について考える日でもあます。

昨2017年の7月7日、二ューヨークの国連本部で、国連加盟国の大半が、世界の核兵器廃絶に向けた「核兵器禁止条約」が採択されてから丁度1年になります。

これまでにこの条約に署名した国及び地域は59、批准は11で計70ヵ国となりましたが、条約の法的発効には なお50ヵ国の批准が必要で、この発効まであと2~3年かかると見られています。

本条約は、第1条で、参加国の法的義務を規定し、核兵器その他の核起爆装置の開発、実験、生産、製造、取得、保有、貯蔵、移譲、受領、使用、威嚇を禁じ、配置、設置、配備の許可を禁じ、他の締約国に対して、禁止されている活動を行うことにつき、援助、奨励、勧誘も禁じています。

更に、第12条で条約の普遍性を謳い、その前の各条文で核兵器保有国が放棄を決断した場合の廃棄の手続きを規定、更に第16条で、留保付き参加を禁止して、完全な核廃絶の実現に向けて、抜け道を塞いだ内容となっています。

即ち本条約は、核兵器を保有せず、その廃絶を目指す国にとって「核兵器なき世界」を具現する理想的な内容となっているのです。

現在、世界の量的核兵器の保有数で略100%を占める米国を主の自由陣営と、ロシアを主の共産陣営の2陣営のイギリス、フランス、そして中華民国の5ヵ国が、既に1968年、両陣営間での「核拡散防止条約」NPTと「軍縮管理条約」が調印されましたが、このNPT条約は、核廃絶を目指す条約義務はなく、核兵器国の意向で、無期限に核兵器保有を許容する条約とも解釈できる内容となっているのです。

この様に、核保有国と非核保有国では、今なお核の保有について大きな戦略の隔たりがあり、日本は、被爆国でありながら、核に守られる必要性から、憲法では非核保有国でありながら、これを批准しますと、核保有大国に無手勝流の存在となるため、また、核保有国に対する交渉能力が皆無となる恐れから、本批准は、現実的ではないと判断する立場をとっています。

今回8月9日の長崎の原爆の日に、初めて国連のグテーレス事務総長が式典に参加演説して、氏は、「核軍縮プロセスが失速し、ほぼ停止している。多くの国が昨年、核兵器禁止条約を採択したことで、核軍縮プロセスの失速に不満を示した」と、米トランプ米政権が、核兵器の小型化の「使える核」の開発をめざすし、国連への「圧力」を掛ける中で、非常に勇気ある発言をしました。
この背景には、「核保有国は、核兵器の近代化の軍拡競争で、昨年度の資金が、1兆し7千億ドル以上を使っており、この規模は、冷戦終了後の最高水準となっているのです。

非核保有国と平和を掲げる日本は、核論争の荒波を如何なる英知と力量で乗り切るのでしょうか。



nice!(2) 

「死生観」と「仏教の輪廻観」

生命のあるものは、必ず死を迎えます。これは、例外のない生命(自然界)の真実です。

佐伯 啓思(さえきけいし)京都大学名誉教授の「死と生」(新潮新書)の記事を読み、改めてその「死生観」を紹介します。

氏はこの中で、「これほど人間の根源的な事実はなく、誰にもまったく平等にやってくる。そもそも死を厭(いと)い、面倒なものには蓋(ふた)をしてきた今日の社会の風潮の方が奇妙なのではなかろうか。

人々の活動の自由をできる限り拡大し、富を無限に増大させるという、自由と成長を目指した近代社会は、確かに、死を表立って扱わない。死を論じるよりも成長戦略を論じる方がはるかに意義深く見える。しかし、そうだろうか。かつてないほどの自由が実現され、経済がこれほどまでの物的な富を生み出し、しかも、誰もが大災害でいきなり死に直面させられる今日の社会では、成長戦略よりも「死の考察」の方が、実は必要なのではなかろうか。」

そして、人の 「死生観」は、ひろい意味での宗教意識と深くつながっている。なぜなら、多くの宗教意識は、この現実を超越した聖なるものを想定し、その聖なるものによって人々を結びつけ、また、この聖性によって、人々の現実の生に意味を与えるものだからである。

そして、たいていの社会には、漠然としていても、何らかの宗教意識がある。イスラムはかなり明白であるが、米国はプロテスタント中心のいわば宗教大国であり、西欧では、かなり薄められたとはいえ、西欧文化のいわば母型としてキリスト教があるし、そもそも無宗教とは、多くの場合、意思的な無神論を意味する。それらが、ゆるやかに西欧人の死生観を形づくっている。

では、今日の日本における宗教意識とは何なのだろうか。NHK放送文化研究所の調査(08年)によると、「死後の世界を信じる」という人の割合は44%もあり、特に若者層では多い。しかも確実にこの割合は増えている。「祖先の霊的な力を信じる」人は47%ほどもいる。だがそれでは、このうちのどれくらいの人が、神道であれ、仏教であれ、その教義や教説を知っているのだろうか。おそらくは、その内容はさして知らないが、何となく宗教への関心がある、ということであろう。

明治の近代日本では、神道の国家化と反比例して仏教は排斥された。そして、戦後になると、すべて宗教の立場は著しく低落した。宗教は、近代社会の合理主義や科学主義、自由主義や民主主義とは正面から対立するとみなされた。そして、近代以前に人々が自然にもっていた死生観も失われていった。

仏教の教えの根底には、現世の欲望や我執を否定し、無我や無私へ向かい解脱(さとり)を願うという志向がある。さとりを開くことによって生への執着や死の恐怖を克服しようとするところがある。これは、西洋のような絶対神をもってきて、神との契約の絶対性や神の教えの道徳的絶対性を説くやり方とはかなり異なっている。西洋では人は神に従属している。しかし、日本の宗教意識においては絶対的な神は存在しない。むしろ、清明心であれ、静寂であれ、無常観であれ、「無」へ向かう性向が見られることは間違いないであろう。

 私には、もしもこのような宗教意識が今日のわれわれにある程度共有されておれば、これほど騒々しく他人の非を責めたて、SNSで人を誹謗(ひぼう)し、競争と成長で利益をえることばかりに関心を向ける社会にはならなかったのではないかと思われる。今年から学校では道徳が教科化されたのなら、ぜひとも、日本人の宗教意識や世界の宗教の簡単な解説ぐらいはすべきではなかろうか。「死の考察」を述べています。

日本人の古来よりの信仰は、自然崇拝の神道と超自然崇拝(大宇宙の真理)の仏教が融合合体した「神仏習合」の信仰形式が踏襲されていましたが、江戸時代から明治時代にかけて、天皇と神道を中心とした国政が布かれ、更に戦後は、アメリカの徹底した政教分離で、日本の精神文化が壊滅されて、現代日本の国民は、信仰心が消滅された無宗教時代に置かれています。

人の「生死」は普遍の真理であり、大自然の生死の輪廻も普遍の真理であり、ここでご自分の「死生観」を見つめてみては如何でしょうか。



nice!(3) 

世界バドミントン2018女子ダブルス松本・永原・田中ペアが優勝 [バドミントン]

世界バドミントン2018女子ダブルスは、日本代表の躍進が目立ちました。

日本は決勝リーグで既に、福島由紀・廣田彩花、松本麻佑・永原和可那、田中志補・米元小春が、金、銀、銅メダルを確定させています。

前大会のチャンピオン高橋、松本ペアは、3回戦で松本、永原ペアに敗れました。

決勝戦で対戦するのは、世界選手権銀メダルの福島由紀・廣田彩花とインド・オープン優勝の松本麻佑・永原和可那となりました。

決勝戦は、第1セットを福島・広田ペアが、21-19で、第2セットは、松本・永原ペアが、21-19で、第3セットは、松本・永原ペアが途中で逆転し、デュースを制し、22-20で勝利しました。

何れの試合もそのスコアが示す通り、一進一退の激しいラリー戦が最後の最後まで続く、素晴らしい戦いでした。

松本・永原ペアはここ2年弱で急成長したペアで、何よりも最後まで勝利を諦めない執着心の強さが他に勝ったといえます。

この3強に、高橋、松本ペアが加わりますので、今後の日本バドミントン女子は、オリンピックを控えて、シングルス奥原希望、山口茜も含め、良いライバル環境ができたと言えます。



nice!(1) 

桃田賢斗世界バドミントン日本史上初優勝 [バドミントン]

桃田賢斗(22)は、全日本総合選手権6連覇を飾った日本バドミントン代表田児賢一(27)に誘われ、共に闇カジノ処分をうけていたが、桃田は3月に処分解除になり、代表復帰を果たしました。

桃田(世界ランク163位)は、決勝まで、2人の前オリンピックチャンピオンを撃破し、決勝は世界ランク3位好調の中国、石宇奇と対戦しました。

桃田と石宇奇(22)は共に相手の空きを突く攻防で、毎回、石が攻、桃田が守のロングラリーとなりますが、石がロングラリーを嫌っての攻めでミスが積み重なり、桃田は、ロングラリーでチャンスと見た時に、スマッシュを決める展開で、徐々にその点差が広がります。

第1セットは、桃田:11-8→21-11:石で桃田が取ります。
第2セットも、桃田が守、石が攻のラリー展開は変わりませんが、桃田のフットワークと技術の良さの圧力で、石は、より厳しいポインにスマッシュを打たなくてはならず、故に、このミスが多くなります。

ラリーは毎回前後左右に目まぐるしい数十回の攻防が継続する消耗戦です。

結果、第2セットも、桃田:11-7→21-13:石となり、桃田がストレート勝ちで、優勝しました。

桃田は、優勝台に一人ラケットを持って表彰を受けました。

この表彰は、先輩バドミントンレジェンドの田児賢一と共に、在ったのだと思います。



nice!(1) 

大坂なおみシティーオープン2回戦で敗退 [ATP500]

大坂なおみ世界ランク17位、第3シードは、4日の第2回戦で、マグダ・リネッテ(ポーランド)世界ランク62位と対戦し、大坂は2-6、6-3、3-6で格下のリネッテに敗れ、残念にも2回戦敗退となりました。

マグダ・リネッテは、前週の「江西オープン」で、第3シードでベスト4に進出するなど、実力のある選手です。

第1セットは大坂のサービスゲームで開始されましたが、第1ゲームでいきなりリネッテに15-40と2本のブレークポイントを握られ、てしまいます。

一旦はこれを凌いでデュースに持ち込みましたが、又も、リネッテにアドバンテージを奪われる展開で、合計5本目のブレークポイントでブレークを喫してしまいました。

その後、第2ゲームでブレークバックに成功したが、第3ゲームで再びブレークを喫し、更に、第4ゲームはラブゲームでキープされ、第5ゲームでもブレークされ、第6ゲームもラブゲームのながれで、第1セットを2-6で落としました。

第2セットを1ブレークアップで凌いで、6-3とし、第3セットに賭ける。

第3セットはリネッテのサービスで開始し、序盤はお互いにキープとなったが、なおみの第4ゲームでリネッテにデュースからブレークポイントとなりますが、これを凌ぎ、大坂は、続く第5ゲームでブレークポイントを握り、粘るリネッテを制してブレークに成功します。

しかし直後の第6ゲームで又もブレークバックを喫し、ゲームカウントは、3-3のイーブンとなりました。

続く第7ゲームで大坂はブレークポイントを握るも逃し、続く第8ゲームで逆に0-40と3本のブレークポイントを握られ、大坂のショットがサイドアウトでブレークを許してしまいます。

ここでリネッテのサービング・フォー・ザ・マッチとなる第9ゲームで、大坂はラブゲームで、第3セットを3-6で落として2回戦敗退となりました。試合時間は2時間5分。

大阪の敗因は、マグダ・リネッテの勢いに乗る好調さにありますが、大坂の武器のサーブが不調であったこと、そして大阪の弱点の、好調な相手に対応する試合戦略が立てられないことにあります。



nice!(1) 
前の5件 | -