So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

大坂なおみ2019全豪オープン死闘の優勝 [全豪オープン]

大坂なおみが2018全米オープンに続き、2019全豪オープンに優勝の快挙を成し遂げました。

グランドラムを初優勝から連覇は、ジェニファー・カプリアティ以来史上6人目、18年ぶりの快挙です。

決勝は、26日午後7時半(日本時間午後5時半)開始で、第8シードのペトラ・クビトバ
(28=チェコ)怪我から復帰の世界ランキング6位(元第1位)との対戦です。

4大大会でのサウスポーとの対戦は18年ウィンブルドン3回戦のケルバー戦以来だが、クビトバは、ビッグサーバーで左利きで、この対策を、左利きの17歳のオーストラリア人男性が打ち込むサーブを約30本ののリターンを行い、試合に臨みます。

試合は第1setクビトバのサービスサイドで開始されましたが、大坂は第1Gをいきなりブレークして好調な滑り出しを見せました。

しかし、クビトバも次のGをブレークバックし、イーブンの展開でしたが、大坂は、第9Gをブレークして、このセットを勝利します。

第2setに入り、クビトバのギヤーが入り、大坂の第2Gで反撃にあい4度のデュースに先攻されます。が、5度目で辛くもキープしました。

次の第3Gは、クビトバの気落ちがあったのか、得意の1stが連続して入らず、大坂はこのリターンとウイナーを決めて、第3Gをブレークします。

このままの流れでと思われましたが、後半、クビトバの1stサーブがうなりを上げ、後1ポインで2-0で勝利のところ逆に大阪の1stサーブ6連発と、ストロークの連続ミスが重なり、2Gをプレークされ逆転の7-5で敗れます。

これでset1対1となり、大坂の第2setの負け方が悪く、精神的に可なりのショックを受けていました。

第3setに入り、クビトバの1stサーブ炸裂で大阪は、40-0で取られます。この流れと思われましたが、第2Gは大阪の1stが戻って、このGをキープ。

第3Gに入り、クビトバの意識からか真坂のダブルフォルトで、この3Gを失います。
クビトバの第7Gで大阪のリターンがよく、40-0とリードし、ここで勝利にと思われましたが、ここで、クビトバは4本の1stエースを決めて逆転しこのGをキープ。このGをキープします。

最後の10Gは、大坂の1stが唸り40-0で勝利し、全豪オープンに優勝しました。

この優勝は、大坂なおみの第3setの気持ちの切り替えで、強豪クビトバを封じた素晴らしい試合でした。









                    
nice!(2) 
共通テーマ:スポーツ

大坂なおみ vs K.プリスコバ)1月24日【準決勝】の死闘 [全豪オープン]

大坂なおみ決勝進出なるか!!

大坂なおみの対戦は、元世界ランク1位、現在7位の強豪、 K.プリスコバとの対戦です。
対戦成績は、1勝1敗(昨年)で、 K.プリスコバのサーブはNO1と言われています。

試合は、K.プリスコバのサービスから開始されましたが、 K.プリスコバのサーブが不調で、
大阪は好調の展開で、第3Gと第9Gをブレークして、第1セットを6-2で圧倒しました。

第2セットに入り、大坂は第1Gをブレークして、その儘勝利すると思われましたが、
その流れが逆転して、 K.プリスコバのサーブが決まりだし、中盤までフレーク合戦の
緊迫の展開となり、中盤から大坂は1stサーブが7連続不発で、2ndをプリスコバに
攻められ、反撃のショットもミスを連発するなどで、逆転の4-6で並ばれます。

第3セットに入り、第2Gで40-0からジュースとなり、3回のリードを凌いで、このGをキープ。
これでプリスコバが気落ちしてか次の3Gを失い、大坂1Gリードのまま推移し、遂に最終の
第10Gを得意の1stが活きてキープし、6-4でプリスコバを破りました。

大坂の第2セットの不調を切り替えて第3セットに集中したことが勝因でした。
【決勝】は、大坂なおみ vs P.クビトバ(1月26日)となります。

【準決勝】
  [第1セット] 6-2で奪う
  [第2セット] 4-6で落とす
  [第3セット] 6-4で奪い勝利!

【準々決勝】大坂なおみ vs E.スビトリナ(7)(1月23日)
  [第1セット] 6-4で奪う
  [第2セット] 6-1を奪い勝利!
【4回戦】大坂なおみ vs A.セバストワ(13)(1月21日)
  [第1セット] 4-6で落とす
  [第2セット] 6-3で奪う
  [第3セット] 6-4で奪い勝利!
【3回戦】大坂なおみ vs シェシュウェイ(28)(1月19日)
  [第1セット] 5-7で落とす
  [第2セット] 6-4で奪う
  [第3セット] 6-1で奪い勝利!
【2回戦】大坂なおみ vs T.ジダンセク(78)(1月17日)
  [第1セット] 6-2で先取
  [第2セット] 6-4で奪い勝利!
【1回戦】大坂なおみ vs M.リネッテ(86)(1月15日)
  [第1セット] 6-4で先取
  [第2セット] 6-2で奪い勝利!



nice!(2) 
共通テーマ:スポーツ

錦織圭 全豪オープン2019 準々決勝で棄権 [全豪オープン]

錦織圭(29)世界ランキング9位は、男子シングルス準々決勝で第8シードで、同ランキング1位第1シードでのノバク・ジョコビッチ(31)と対戦。

錦織は、第1セットを1-6で落とすと、第2セット、1-4の場面で負傷により棄権した。

錦織は、第1セット、第2ゲームをジョコビッチのアドバンテージからリターンミスを犯しブレークされた。

第6ゲームもジョコビッチのアドバンテージからサーブアンドボレーを見せたが、リターンを決められブレークされた。

第7ゲームはジョコビッチにキープされ、このセットを1-6で落とした。

錦織は第1セット後、右太ももに痛みを感じ、メディカルタイムアウトを取り右太ももにテーピングを巻いて試合を継続したが、第2セットに入り動きが止まり、第3ゲーム、第5ゲームとジョコビッチの攻めについて行けずリターンミスからブレークされ、1-4となった場面で、棄権しました。

錦織は、前4回戦で第23シードのパブロ・カレノブスタ(スペイン)に、2セットダウンの窮地からの逆転勝利で、全豪では4度目の8強入りを決めましたが、この試合時間は、5時間5分と今大会の最長となる試合となり、可なりの疲労下で準々決勝を迎えて、この負傷覇権に繋がったと考えられます。

第4回戦
○錦織圭 6-7(8),4-6,7-6(4),6-4,7-6(10-8) ●パブロ・カレノブスタ(スペイン)

昨年右手首故障からの復帰で、漸く調子を取り戻しつつあった時のこの故障ですが、早く治して再度活躍をしてほしいものです。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

大阪なおみ 全豪オープン2019 準々決勝 [全豪オープン]

大坂なおみは、エリナ・スビトリナを、6-4.6-1.で破りベスト4 進出。

全豪オープン女子シングルス、「大坂なおみ対エリナ・スビトリナ(ウクライナ)」の準々決勝がオーストラリアのメルボルンで行われました。

エリナ・スビトリナ(25)は、WTAツアーで、シングルス13勝、ダブルス2勝をあげ、昨年WTAファイナルズの優勝者で、昨年のなおみは準々決勝でスビトリナとの闘い敗退しています。

第1setのなおみは第6Gをブレーク。その直後の第7Gでパックハンドオープンスペース2本のミスでブレークバックされ並びましたが、次の第8Gで、角度のあるフォア―の強打を2本決めてブレークしり―ド。
しかし又も、第9Gでレシーブとのハイポレート、バックでのストレートを連続ミスでブレークバックされる。
スビトリナの第10Gで、スビトリナを40-0とリードしながらディースにされ、その後のラリーに堪え、2本のウィナーを決めこのsetを取る。

第2setは、なおみのサービスサイドで、第1G は40-30からサービスエースで取る。
第2Gは、スビトリナのファーストにミスと、なおみのフォアハンドストレートとネットインでブレークを取る。
第3Gをデュースからキープ。第4Gをブレーク。
第5Gはスビトリナが終始先行し大坂が追いつく展開でしたが、ジュースでスビトリナサーブとスビトリナのミスショットでこのsetを取る。
第6Gは40-30でフォワーのオーブンコートでミスし、スビトリナがキープ。
第7Gの最後は、1stサーブで崩し、リターンボールをフォワーで決めて勝利を掴み、ベスト4 進出を決めました。

今回のなおみの試合は、なおみの1stサープが62%で右肩故障?のスビトリナ50%を上回ったこと、アンフォーストエラーが25本とスビトリナの16本を大きく上回ったが、ウイナーがそれ以上であったことがあります。

この背景に前回とは違い、なおみの弱点の精神面のコントロールができたことが勝利に繋がったと思われます。



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

消費税導入でここまで国民をいじめる政府の無能さ [消費税]

消費税の引き上げが現実のものとなってきました。

阿部政権に期待したのは、過去30年間もの長い間国民の給与所得が下がり続け、少子高齢社会を築き上げてきた、低成長期の回復です。

この間の国の政策は、郵政や電電の民営化や金融や証券機関の制度改革などで大資本を解体し、海外からの投資を誘導し、国本来の持つ体力を、官僚の省力化合理化改革など言葉で巧みに国民を欺き、年功序列の安定した職場秩序を奪い、派遣制の導入との併用などでで、更に賃金を下げ続け、大企業の雇用規模は海外に移転したことなど、国内産業を省力し硬直したことで、働き口は縮小し、この結果、女性の職業化、結婚層の縮小などで、就職雇用環境が変化し、従来の年金制度や給与制度が崩壊し、高齢化社会を招いて、医療費の高騰から関係税率の引き上げ、更に、消費税の導入で物価高を作り出し、この対策として、、市中に金をばら撒き続け、益々大企業を太らせるなどで貧富の差を拡大するなど、庶民から見た政治は何を目的に政策を進めているのか、ほとほと嫌気の指す政治となっています。

前回の消費税の値上げ理由は、福利厚生に充てると公言していましたが、国会の中では、消費税は三党合意で、国の赤字対策に充てるとなっていて、国民を騙しての値上げでした。今回の消費税の値上げも、赤字財政の修復と公平な税を口上にしていますが、赤字財政は嘘であり、公平さは、経済弱者の可処分所得の比率が重く、経済強者にはの比率が低いので、更に貧富の格差を広げ、経済弱者が増加します。

これだけを見ても、庶民の政治が長期に亙り行われず、先の見えない夢の無い日本の悪政の中で、一党利権支配がその勢力を保持続けています。

この様な経緯は、国民が巧みな口上戦略と、政治に不都合なことは殆ど国民に知らさない現報道管制が、現在も続いていることは分かりになると思います。

このままでは、間違いなく日本が滅びます。

いま日本に必要なのは、失われた原発や湾岸の自然災害など、国が先導した公共事業で、景気回復を先導することです。

その他将来に向けた、国家的防災施設の整備、資源回復や開発、国防力の強化と整備、国民の年金対策、少子対策、基礎技術開発の強化など、お金の必要なものは多々あるのです。

これらの将来に向けた公共投資を積極的に進めて、庶民の活力を高め、国力を強化すべきと考えます。国民の活力を国が先導して上げれば、雇用も消費も増え、税収も増加します。

しかし国の目先政策の消費税増税は、政府が潤う最良最大の確かな徴収方法で、一方の庶民には極めて厳しい徴収法です。が今、この法案を反対をしても国会内与党の多数と無能の三党合意がありますので容易に通過するでしょう。

では、この政治環境で国民は何をするべきでしょうか、

お分かりと思いますが、時を要しますが、国民の幸せを原点とする真の政治家を一人でも多く選択することです。

しかし難しいのは、長い間政治戦略に洗脳された国民には。真の政治家の選択は困難です。
この選択は、当分の間、政治の質は下がりますが、先ずは、一党支配をなし、国会を正しい議論で、政治の府とすることです。

報道も、国民のために痛みを分ける本来の報道精神の記事内容に変えるべきです。

次は国民の質を上げて、政治に関与することです。

今の国民は、政治からかなり離れ、選挙は殆どが自分の政治に対する理念を持たず、事務的なその時の人気投票となっていることです。

私たちは今から、正しい情報の収集に努力をして、正しい認識と判断力を取り戻し、本来の誇りある日本の国政に変えることが求められます。



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。