So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

日本はどこへ向かうのか?何故国民を騙しまで貧乏になる増税にこだわり続けるのか。? [消費税]

何故国民を騙しまで貧乏になる増税にこだわり続けるのか。?

国民に、国の「基礎的財政収支」プライマリーバランスの赤字財政を回復することで、
日本経済は豊かになり、国民が幸せになる。

現在のデフレは、政府と日銀は膨大な国債を発行して市中にお金をばらまき、国内の
投資を拡大し、物価上昇でこれが解決できるとしていました。

しかし当面は、国の財源不足を補うため消費増税を行い、年々拡大する福祉財政に
対処しなくてはならない。と、橋本内閣から小泉内閣の改革、その後累々と20年を
費やし、この緊縮政策を推し進めて、来ましたが、結果は、日本国を益々デフレに
誘導し、その他改革の名のもと、雇用制度で賃金を低下し、退職制度や年金制度を
壊して年金を縮小し、今や国民に先の見えない政治を押しつけ、昨今は、自分の生活は
自己責任で守るべき。の政策に移行しています。

この30年の間、国民はこの貧困化に耐えての、高齢化と少子化を余儀なくされ、
国の成長の基盤を縮小しています。

30年間の、これらの政治と政策を俯瞰してみるとき、

日本の優秀な官僚と選ばれし政治家がいるにも拘らず、何故、この様な愚策で先の
見えない国を作り上げているのか。
そしてまた、国民は、何故に長い日々をこんなにも努力し、困窮に耐え続けているのか。

大きな疑問が生じます。

この政治の結果は、国際的成長比較でも、先進国内でマイナス成長で、最下位は
日本だけです。し、これは、明らかに国の政策に大きな間違があるといえます。

この答えは、30年も継続する財務省の不可解な緊縮財政にありますが、それでも
敢えて愚策に固執するには、その裏に大きな秘密があると言わざるを得ません。

何故ならば、これまでの緊縮財政政策は、経済論からも間違いであることが明確ですし、
当然に、その結果もそれを証明しています。

ので、日本の増税は亡国の愚策といえますし、また、その他の政策も、国の力を削ぐもの
ばかりなのは、何故なのでしょうか。

にも拘らず、国民がここまで鎮静であるのは、戦後の国家レベルの情報操作がで根付き、
政治に不都合なことは、国民に知らされないために、政治と報道に大きく洗脳されて、
国民は盲目にされているためと言えます。

「国民を豊かにする令和の政策大転換」
https://amzn.to/2ZadNvr



nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪なおみ4回戦は宿敵のべリンダ・ベンチッチに敗れる [全米オープンテニス]

大阪なおみ2019全米オープン4回戦は、なおみに大きな山場となります。

対戦相手のべリンダ・ベンチッチ(12位)22才は、2013年の全仏ジュニアとウィンブルドン・ジュニアで優勝し、ジュニアの世界ナンバーワンとしての実績を持つ、同年代で、2017年4月の手首の手術の休場で、7位のランキングをおとしたが、復帰の2019年2月の「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」で大坂が初戦敗退し、ベンチッチは優勝、5月のマドリードオープンでも1-2で敗れ、なおみが直近で2敗した相手であり、間違いなく今後の宿敵となる相手です。

大坂サーブから始まった第1セット、第1Gでいきなりブレークを許して、2ゲームを連取される。

しかしすぐさま反撃に出て4Gをブレークバックし、3ゲーム連取した。

以後、両者一歩も譲らず5―5に並ぶが、ストローク戦で精度と低い弾道で攻める相手を止められず5-7で、このセットを落とします。

第2セットも競り合う展開となりますが、第5ゲームの会心のショットをカウンターで返されブレークされます。

ここでなおみは、痛みを訴えトレーナーを呼び一時中断ご再開しますが、ベンチッチの流れを止めることができず、ゲームカウント3-5と追い込まれ、第9ゲームを粘ってキープするも、第10ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチをベンチッチにラブゲームで決められ、大阪はSC:5-7.4-6.のストレートで敗退し、6年越しの全米オープン2連覇の夢は消えました。

大阪なおみの敗因は、足の痛みもありますが、フットワークの鍛えと配球の精度、セカンドサーブの得点率48%に課題があったと思います。

これで大阪なおみは、ベンチッチに3連続敗退であり、暫くの間、この難敵の壁に取り組む必要があるでしょう。





nice!(2) 
共通テーマ:スポーツ

大阪なおみは強かった 全米オープン2019 3回戦 [全米オープン]

大阪なおみ世界ランク1位の全米オープンテニス3回戦は、すい星のように勝ち上がって
きた15才の天才少女コリ・ガウフ同140位(米国)との注目の対戦です。

第1セットは大阪のサービスから開始され、サービスエースとバックウィナーで第1Gを
キープ。好調なスタートをきります。

第2Gは、ガウフのダブルフォルトでブレーク。第3と第4Gは共にキープしますが、
第5Gは、ガウフがポイントを先行し、大阪のバックがネットにかかり、ガウフがプレーク
バックします。

しかし、第6Gで大阪はレシーブで、バックのアングルショットを決め、再びブレークします。
第7Gは、ガウフがブレークポイントを先行し、大阪のリターンがネットにかかり、
ガウフがプレークバックします。

第8Gのガウフのサーブで、大阪の30-40の先行で、ガウフのバックがネットでブレークされ、
ブレーク合戦となります。

第9Gもガウフにポイントの先行を許し、プレークバックになると思われるとき、ガウフの
ショットミスの連続で自滅して、大阪がキープし、このセットを取ります。

【 第1セットは、大阪 6-3 ガウフ 】

第2セットはガウフのサーブで開始しましたが、第1Gで2本のダブルフォルトで自滅。
第2Gからも同じ流れで、大阪のサービスエースとウィナーが勝り、このセットは、
ガウフのすべてGをブレークして、

第2セットは、【 大阪 6-0 ガウフ 】 で、SC 2-0 のストレート勝でした。

この注目の試合を総括しますと、大阪のラリーに17本の凡ミスが目立ちましたが、
ガウスの24本で救われ、ダブルフォルトは大阪の1本、ガウフの7本、その中で
ウィナー15本、サービス ポイント率は29と15で、大阪のサーブポイント数と
フォワークロスストロークの精度が勝った試合でした。

4回戦では同12位のベリンダ・ベンチッチ(22=スイス)と対戦する。



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

日本はどこへ向かうのか?GSOMIA破棄を宣言した隣国韓国と日本 [国際紛争]

韓国の文在寅政権のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄は、日米はもとより、
世界各国から驚きを持って受け止められています。

元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さんは、ついに韓国も超えてはならない一線を
越えてしまった。
と大きな懸念を抱いています。

この決定は、今後、北東アジア地域の安全保障基盤の日米韓の同盟関係を拒否するもので、
日米と韓国の間に大きな分裂を生み、北朝鮮包囲網に大きな穴をあけることを意味します。

そしてその後の、北東アジア地域における同盟戦力の戦略的安全保障拠点は、在韓米軍が
韓国から撤退した場合に、日本の、特に沖縄にその前線が移行されることを意味します。

何故、文在寅政権がこの様な決定を下したかについては、予てより、文在寅政権は、日米の
支援で発展した韓国を嫌っていて、朝鮮半島の統一を願っていたことから、
反日教育の徹底、元徴用工問題のぶり返し、尖閣諸島の侵犯、慰安婦小女像の世界に向けた
設置などで反日工作を展開して、日本離れを加速し、北朝鮮や中国との接近を図っていたものが、今回の日本政府の輸出管理強化措置により「ホワイト国」から除外で、日韓関係の悪化を機に、韓国政府の決断となったと考えられます。

これからの在韓米軍と韓国軍との関係の分断が生ずれば、米軍は撤退すると思われますが、
他方で、米国の韓国政府に対する圧力は強くなり、韓国経済は孤立し衰退すると見ますが、
米国と北朝鮮の関係、および、中ソ関係は、現状線上で維持されると思います。

この勢力構図の中での韓国と距離を置く日本は、益々日米安保同盟を強めなくてはならず、
沖縄反日勢力の影響もさらに強まることから、国の舵取りを誤りますと、国内が乱れる
大きな危惧を抱えることになります。

日本は、民力を挙げて、憲法と軍事力の整備が早急に必要としています。



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

全米テニス2019 錦織圭と大阪なおみの3回戦 [全米オープン]

全米オープンテニスで錦織圭と大阪なおみは共に3回戦に進出たが、
錦織圭世界ランク8位は、今年2大会で優勝を遂げている期待の20歳、アレックス・
デミノー(オーストラリア)同38位に、2-6、4-6、6-2、3-6で敗退した。

対戦のデミノーは、18年の「次世代世界一決定戦」で準優勝し、今年の1月、
全豪前哨戦シドニー、7月に行われた今全米の前哨戦アトランタに優勝した、
注目の20才、新進気鋭の若手選手です。

デミノーも、錦織と同じくストロークを得意とするタイプで、共にベースラインから
激しいラリーや、巧みなショットの応酬となったが、デミノーが上回った。
最近の錦織圭のアタックショットは、エラーが目立ちます。


世界1位の大坂なおみは、大会2連覇を狙い4年連続で3回戦進出を決め、
同53位のマグダ・リネッテ(ポーランド)と対戦し、リネッテを6-2、6-4の
ストレートで下した。

第2セットでリネッテの攻勢で0-3とリードを許したが、その後攻撃的なプレーを
展開して、ペースを掴み勝利した。

次戦は、7月のウィンブルドンで予選から勝ち上がり、V・ウィリアムズ(米国)を下すなど
16強に進出した15歳の天才少女、コリ・ガウフ同ランク112位との対戦で、今大会最大の見せ場
となります。

大阪なおみは、「彼女は最高にかわいい。それにスーパーヤング。早く対戦したいわ」
と歓迎しています。



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -