So-net無料ブログ作成

4日間の世紀の死闘延長50回ついに決着 [全国高校野球選手権]

スポンサーリンク




第59回全国高校野球選手権大会で、中京対崇徳高の試合の、世紀の史上最長試合
回数で注目を集めた準決勝が、31日の今日、明石のトーカロ球場で行われた。


この試合で両高の投手の投球数は、中京の松井大河は635球、崇高の石岡樹輝弥は
617球を投げ共に「0」を積み重ねる死闘で、限界とも言える戦いです。


50回戦の中京は、安打と敵失で無死満塁の好機となり、2番後藤の2塁打と、更に1点を
加え、その裏の崇高の反撃を断って、3-0で、中京が勝利し、遂に決着がつきました。


中京はこの午後、三浦学苑高と、決勝戦を戦います。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました