So-net無料ブログ作成

都心と神奈川を結ぶ新動脈 相鉄線と東急線が握手 [交通]

スポンサーリンク




既存施設を利用して、都市鉄道利便性を高める「都市鉄道など利用便増進法」の施行で、
相模鉄道から他社線JRに乗り入れる認定が2006年に、東急線に2007年に認定を受けて、
神奈川東部方面のJR線は2018年に、全線は、2019年4月の開業に向けて工事を進んで
おります。


これらの路線が開業しますと、日吉から新駅「新綱島駅」「新横浜」「羽沢駅」と、何れも
仮称ですが、これらを通って「西谷駅」まで直通となり、一気に、都心の「目黒駅」と、
「西谷駅」にアクセス出来、又、この開通で、東海道新幹線へのアクセスが、東横線からと
相鉄線からも、新横浜への利便性が得られますので、これらで、利用者の利便が大きく
向上することが期待されています。


この開通で、相鉄は、従来の「ヨコハマ電車」イメージから、東京、横浜に急接近することで、
その近郊地域を含めて、大きく様変わりするものと思われます。


スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました