So-net無料ブログ作成

母子・父子世帯に島根浜田市の厚い就労支援が注目される [母子・父子家庭]

スポンサーリンク




島根県浜田市は、高校生以下の子供を持つ母子・父子世帯に対して、全国初の、厚い就労と
生活支援を行う移住就労促進制度を打ち出し、介護と過疎化対策で各自治体の注目を集めて
います。

この浜田市の過疎化対策は、「ふるさと島根定住財団」が行う、「介護保険事業者」の就労支援に、
初任者研修比最大10万円、一時金20万円、それに月給与15万円、謝礼3万円と「ネットトヨタ島根」
には、車両整備費20万円の給付金として、夫々の契約就労者に1,年を限度に、車と給与を保証
する就労受け入れシステムとなっています。

なお、引越しの費用を30万円と、1年就労後には一時金の100万円が支給される制度です。

就労後は、月額で、給与15万円以上、養育費3万円、家賃補助2万円(公営住宅入居補助などに)、
中古車の無償提供(諸費用は自己負担)、車両整備費20万円(市負担)を保障する制度で、これらで
この1所帯400万円の支援策となります。

これらの支援制度は、特別養護老人ホーム事業者の負担は殆んどないことから、その就労受け
入れを歓迎していると言われます。

浜田市は、この15年で市の人口が9万人から5.7万人に減少し、65歳以上の過疎高齢市となって、
介護者の人材確保が不足している現状にあり、この対策は、市と事業者、そして、移住者の三方利
方策の制度になると期待しています。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました