So-net無料ブログ作成

錦織圭対ロジャー・フェデラーATPツアーファイナル2015/11/19 [ATPツアーファイナルシングルス]

スポンサーリンク




錦織圭の第三戦は、世界ランク3位のフェデラーです。

フェデラーとの対戦は、直近では、昨年のファイナルで3-6,2-6のストレート
負けがあり、今回のフェデラーは、絶好調の王者ジョコビッチを破った後の、
1勝1敗同士の対戦で、大会ベスト4には共に負けられない試合です。

試合は、フェデラーのサービスから開始されました。
試合の展開は、第1.2.3のサービスGを共にキープしますが、第4Gの錦織の
サービスにダブルフォルトとショットにミスが重なり、このGを落としてします。

流れはフェデラーに傾きますが、錦織は、次の第5Gで反撃し、このGを
ブレークバックに成功し、その流れ戻します。

錦織は更に、第7Gをブレークしますが、次の第8Gで今度は、フェデラーに
ブレークバックされます。

第11Gでタイブレークに、フェデラーに2ndサーブを攻められ、ミスもありこの
Gをブレークされて、第1Sを5-7で先取されます。

第2Sで、後のない錦織は反撃に出ますが、フェデラーも譲らず、激しい攻め
合い
続きます。

試合は、第4Gの錦織のサービスGとなりますが、2ndからのラリー戦で錦織の
ミスとフェデラーのオープンに、又、鋭いリターンが勝り、このGをブレーク
されます。

第5Gまで完全なフェデラーの流れで、あわやストレート負けと思われましたが、
錦織の反撃は6GのサービスGから始まり、第7Gをブレークして、最終第10Gの
フェデラーのダブルフォルトをものにして、このGをブレークし、第2Sを6-4で
取りSC1-1とします。

ファイナルSに入り、錦織の第4Gをブレークされますが、第7G をブレーク
バックし、GC4-5で第10G錦織のサービスGを迎えますが、サーブをダブル
フォルトをし、2ndを狙われてこのGを4-6で失い、SC 1-2で敗退しました。

最終Sの第3G に40-0の3ブレークポイントを得ましたが、攻めのショットに
ミスを連発してこの好機を潰したのが敗因となりました。

これで、優勝の道は閉ざされましたが、この大会は、前大会より、1stサービスの
確率が上がったとは言え、50%強と未だ課題を残していました。

ただ、今年度のベスト8でのツアーファイナルでの戦いは、今年のトップランクの
8選手となり、それら選手を相手に、錦織は、互角の強さを見せてくれました。


スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました