So-net無料ブログ作成

日本の誇り 新渡戸稲造と「武士道」 [武士道]

スポンサーリンク




人は心をその目指すものに昇華させるための道を「道」と名付けて精進します。
その「道」の昇華は、心の昇華でもありその極めに「美」を伴います。

日本の心には、万世一系の天皇を柱とする、「天道」と「人道」があり、その代表は
「武士道」で、古武道、剣道、華道、茶道、書道、柔道、など多くの道が見られます。

さて、「武士道」の著者、新渡戸稲造は、日本の教育、思想、農学の学者で、国連事務
次長、東京女子大初代学長であり、日本銀行の五千円札にその肖像がある人物です。

「武士道」は元来封建時代の、武士が戦いに勝つための侍心得(戦術的心得)でしたが、
これが武士支配階級の武道訓、戦陣訓から発展進化して、道義道徳規範を含む家訓と
もなり、更に広く、公家、武士、庶民の階層社会にありながらも、むしろ、社会機能を束ね
る士農工商(四民)の、管史、農民、職人、商人、各層のリーダーの行動規範として受け
入れられて、その社会秩序が定まり、これが明治時代になると、新渡戸稲造の道義や
倫理の道徳規範の体系化された思想となって、一般庶民を取り込み、この著書名が
「武士道」となって、日本を始め世界の知識層の道徳規範書として共鳴を受けて広がり
ました。

長岡藩城代家老を務めてきた稲垣家の六女、杉本鉞子(えつこ 明治5年生まれ)の
著作「武士の娘」は、鉞子自身の、日米の異なる生活や思想文化と日本の武家の女性
としての誇りの在り様に、悶えながらも強く清く一途に生きた「武士道の女性の品格」を
綴った物語でした。

この作品は、当時(明治時代)の日本と米国の狭間を繋ぐ、人としての「品格の香り」と
「不器用武士の娘の懸命な生き方と感性」が愛され、作品は欧米諸国に広まり、8万部
のベストセラーとなりました。

即ち、これら日本社会の歴史的生活の背景からの「武士道」は、日本国の、太古神話の
国造りから、天皇一系の「八紘一宇」統治を基に、「和」を掲げ、如何に庶民を幸せにする
かの国造りを柱としての統治がその源流にあり、そして、庶民はその精神の根底に、
「天道と人道」に「感謝と報恩」が加わり、「大きな和」『大和』戦いは「大義」を重んじた、
日本独特の清く、美しく、誇りと香りの高い、「庶民の行動規範」であると言えます。

スポンサーリンク





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました