So-net無料ブログ作成

ストレスの身体への悪影響が明らかに ??(2) [ストレス]

スポンサーリンク




ストレスの昨今の研究から現代病の「うつ」などの、精神疾患は、ストレスホルモンのコルチゾールが、「海馬」の神経細胞を損傷することを発見したのです。

脳の「海馬」損傷が、うつやてんかん、痴呆症、不眠などの抗ストレス作用による精神疾患の発症原因となる証拠を、MRI画像で科学的に究明できたのです。

故にストレスの解消は、現代人の必須の健康法の一つとなりますが、最近のストレス解消対策法には、「コーピング」と「マインドフルネス」の二つがあり、夫々が効果的とされています。

その対処法を簡便に紹介しますと、

「コーピング」とは、自分に適した気分の解消法、散歩、趣味、読書、運動などを多数書き出して認識し、その都度、そのストレス状況に応じてその引き出しを開けて実行することです。

「マインドフルネス」とは、「禅」を意識すれば分かり易いとおもいますが、姿勢を正して、体の力を抜き、呼吸を意識して、脳を空にする。ことを行うことです。

これらも、実際の臨床実験で証明された有力な対症療法です。
ストレス社会に生きる貴方の健康に、どうぞ毎日楽しく引き出しを開けてお試しください。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました