So-net無料ブログ作成

全米オープンテニス2017 日本勢の活躍に期待 [全米オープン]

スポンサーリンク




全米オープン2017がアメリカ・ニューヨークで8月28日から開幕し9月10日(日)に閉幕です。

この大会の日本勢は、男子シングルスに杉田祐一とダニエル太郎、女子シングルスに大坂なおみ、日比野菜緒、土居美咲、尾崎里紗、奈良くるみと、江口実沙がスペシャルランキング(公傷制度)で、四大大会初の本戦出場となります。

今回の日本女子勢6人の出場は、米国の18人、ロシアの9人などを含む5番目の出場数となり、女子のランクがかなり上がってきたことを示しています。

日本勢の試合予定は、次の通りです。

【第1日/日本勢の試合予定】
[女子シングルス1回戦]
江口実沙 vs. クリスティナ・プリスコバ(チェコ)

【第2日/日本勢の試合予定】
[男子シングルス1回戦]
杉田祐一 vs. ジョフリー・ブランカノー(フランス)
ダニエル太郎 vs. トミー・ポール(米国)

[女子シングルス1回戦]
大坂なおみ vs. アンゲリク・ケルバー(ドイツ)[6]
日比野菜緒 vs. キャサリン・ベリス(米国)
尾崎里紗 vs. ダニエル・ラオ(米国)
土居美咲 vs. バルボラ・ストリコバ(チェコ)[23]
奈良くるみ vs. サラ・ソリベストルモ(スペイン)

中でも、最近注目のATPランキング44位の杉田祐一は、主催者推薦(ワイルドカード)で出場の19歳、ジョフリー・ブランカノー(フランス、同331位)と初対戦です。

杉田は、前哨戦のシンシナティで当時16位のジャック・ソック(米国)らを破って16強入りとなり、クレーコートシーズン、芝コートシーズンと続いた好調を持続していますが、対戦相手のブランカノーは、昨年の全仏ジュニアを制した新鋭で、今季はフューチャーズを中心に戦っていますが、今回両者は初対戦で、非常に興味を惹かれます。

他方女子の注目は大坂なおみで、女子シングルスで、WTAランキング45位第6シードの元ランキング1位で昨年の全米女王、アンゲリク・ケルバー(ドイツ、同6位)と初対戦で、どこまで挑戦できるか、楽しみです。

大坂なおみは、この前哨戦のトロントで、3回戦に腹筋を痛めて途中棄権した後の今大会で、その後の体調が不安材料です。

初出場の新鋭江口実沙は、昨年の9月、中国・大連の決勝では、江口が第3セット5-2と王手をかけながら左ひざじん帯を断裂する大けがで棄権し優勝を逃し、長期休養をしましたが、今回の初舞台に臨みます。

尚、錦織圭は、マイアミオープンで右手首を負傷したため、今期の大会は欠場の予定です。



スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0