So-net無料ブログ作成

村田諒太 ボクシングWBAミドル級タイトル戦 前回の雪辱 [スポーツ]

スポンサーリンク




世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチが22日、東京・両国国技館で、同級1位の村田諒太(帝拳)と王者アッサン・エンダム(仏)の前回5カ月前の試合で、1-2の不可解な判定負けに決着をつけるために、新3名のジャッジによる再戦が行われました。

この再戦の結果村田は、前回の屈辱をTKO勝ちでリベンジして、堂々の新王者となりました。

村田は2012年のロンドン五輪金メダリストとなり、過去に日本の五輪メダリストは5人いるが、プロに転向して、世界で選手層の厚いミドル級で、世界王者になったのは村田が初めてであり、日本のメダリスト選手で世界を制したのは、竹原慎二以来22年ぶりの快挙となりました。

前回の対戦は、エンダムがヒット・アンド・アウエィ先方で、村田は相手の出鼻をカウンターで狙う戦い方で、手数はエンダム、ヒットは村田の試合展開で、4回にダウンも取った試合でした。

今回は、エンダムが9月に左足首を痛め、40度近い高熱も出すなど事前の調整は不十分と言える状態からか、また、村田も前回の手数が少なく得点が得られないジャッジの反省から、共に両者は足を止めて打ち合う展開となりました。

試合の1回戦は、エンダムが左ジャブなど手数を出してプレッシャーをかけるが、村田は前回の対戦とは違い、パンチを繰り出す打ち合いの展開となります。

2回戦のエンダムはパンチを当てては距離を取る戦術を取るが、村田はじりじりと相手をロープ際へ追い込み、ボディにパンチを打ち、引かない攻撃です。

3回戦は両者額をつきあわせての打ち合いで、エンダムは手数を繰り出すが、村田はパンチのワンツーが上下に効果的に打ち分け、更に右アッパーが決まる。

4回戦に村田の右ストレートがカウンター、左フックがエンダムの顔面をヒット優勢に試合を進める。

5回戦も村田の右パンチが何度もエンダムにヒットし、そしてボディに左フックと終始優勢な展開で進む。。

6回戦の村田は、左のパンチを有効に使って試合を進め、終盤に、右ストレートを顔面に決めてエンダムをぐらつかせる。

7回となり、これまでの村田のヒットでエンダムの疲れが見え、村田は左右のパンチをバランス良く繰り出し、的確にパンチをヒットさせて、村田の勝利が見えた7回終了後に、エンダムは棄権し、村田のTKO勝ちしなりました。

村田はこの5カ月間、村田は前回の試合の映像を繰り返し見て、前回の試合が判定勝ちと思い9回以降、圧力を弱めたことに、「なんで倒しに行かへんねん」と反省し、また、金メダリストとして、プロで負けることは「自分の存在を失うこと」になると気弱になり、リスクを冒さず負けない戦いを続けてきた自分に気づき、今回はリスクを負ってでも前に出て攻めると決めたと言います。

村田の心技が出し切れた試合が、この完全決着となったのです。


スポンサーリンク





nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1