So-net無料ブログ作成

全豪オープン予選から本戦へ、添田は惜しくも予選突破ならず [全豪オープンテニス]

スポンサーリンク




全豪オープンのシングルス予選の最終日14日は、男女シングルス3回戦(決勝)
が行われましたが、日本勢でただ一人勝ち上がった添田豪(世界ランク152位)は、
残念にも、D・ノバク(オーストリア=224位)に逆転負けし、2年連続予選突破は
なりませんでした。

【男子シングルス予選3回戦】
●添田豪(152位) 6-4,2-6,2-6 〇D・ノバク(オーストリア=224位)

全豪オープン本戦は15日開幕となりますが、日本勢は男子シングルスに杉田祐一と
ダニエル太郎、西岡良仁の3人が、女子シングルスには、大坂なおみ、日比野菜緒、
奈良くるみ、江口実沙の4人が出場します。

杉田(ATPランキング41位の)は、1回戦で、第8シードのジャック・ソック(米国)に挑む。
ジャック・ソックは、昨季のマスターズ1000のパリ室内で優勝、ATPワールドツアー
ファイナルにも初出場を果たした強敵です。
杉本は、杉田は昨年、シンシナティの1回戦で当時16位のソックを破って勢いに乗り、
マスターズ1000シリーズ初の16強入りを果たした。
公式戦での対戦はオークランド(ニュージーランド一度だけだが、この1回戦で
敗れ、先のホップマンカップでも当たり、ソックの途中棄権で杉田が勝っている相手で、
好敵手と言えます。

ATPランキング98位のダニエル太郎は、同58位の36歳、ジュリアン・ベネトー
(フランス)と対戦です。
ベネトーは、今季限りでの引退を表明しているベテランで、ツアー大会準優勝10回の
実力者ですが、優勝はしていません。
ダニエルは前哨戦のオークランドでは予選2回戦で敗れたがラッキールーザーで
本戦に進出、1回戦で敗退。ベネトーとは初対戦です

昨春、左ひざのじん帯断裂でツアーを9ヶ月離脱した西岡良仁(同169位)は、今大会は
プロテクトランキング(公傷制度)で出場し、同29位で34歳のベテラン、フィリップ・
コールシュライバー(ドイツ)と初の対戦となります。
西岡良仁は、昨年の全豪以来の四大大会となります。

江口実沙は昨年、左ひざじん帯断裂の大けがで試合を休止しましたが、今回スペシャル
ランキングで出場し、Jana Fett(クロアチア)119位と対戦します。

四大大会本戦の舞台は全米が初めてであり、この間ランキングを大きく落としましたが
昨季の終盤は、拠点を置くスペインの下部大会で結果を残し復調過程にあります。
江口の Fettとの対戦成績は、15年に豊田のITF大会で対戦し惜敗した1敗です。 

【第1日/日本勢の試合予定】
[男子シングルス1回戦]
杉田祐一 vs ジャック・ソック(米国)[8]
西岡良仁 vs フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)[27]
[女子シングルス1回戦]
江口実沙 vs Jana Fett(クロアチア)


スポンサーリンク





nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1