So-net無料ブログ作成

全豪オープンテニス2018メルボルン日本勢 [全豪オープンテニス]

スポンサーリンク




全豪オープンテニス2018の1月15日から第1日目の試合が行われていますが、
その第1日目の日本勢の男子シングルスで、杉田祐一は、8シードのジャック・
ソック(米国)に、西岡良仁は、第27シードのフィリップ・コールシュライバー
(ドイツ)に勝ち、そろってシード選手を破り1回戦を突破しました。
女子シングルスは、全豪初出場の江口実沙は初戦で敗れました。

○杉田祐一 6-1,7-6(4),5-7,6-3 ●ジャック・ソック(米国)
○西岡良仁 6-3,2-6,6-0,1-6,6-2 ●フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)
○ヤナ・フェット(クロアチア) 6-3,6-2 ●江口実沙

そして第2日目は、
男子シングルスで、ダニエル太郎は36歳のジュリアン・ベネトー(フランス)に逆転負け。
女子シングルは、奈良くるみが、チェコの新鋭マルケタ・ボンドロウソバに競り負け、
日比野菜緒は、ドナ・ベキッチ(クロアチア)に敗れました。
日本女子の20歳のエース、大坂なおみがスペシャルランキング(公傷制度)で出
場のクリスティナ・クコバ(スロバキア)を寄せ付けぬ強さを見せて勝利しました。

○ジュリアン・ベネトー(フランス) 6-7(6),7-6(0),6-4,6-1 ●ダニエル太郎
○大坂なおみ 7-5,6-2 ●クリスティナ・クコバ(スロバキア)
○マルケタ・ボンドロウソバ(チェコ) 7-5,6-4 ●奈良くるみ
○ドナ・ベキッチ(クロアチア) 7-5,6-3 ●日比野菜緒

そして3日目
期待の杉田祐一がビッグサーバーのイボ・カロビッチ(クロアチア)と熱戦を演じたが、
最終セット10-12で惜敗した。
西岡良仁は、全豪で3度ベスト16入の実力者、アンドレアス・セッピ(イタリア)に
敗れました。

杉田祐一は、この4時間半を超える長時間を制したカロビッチの最後の最後まで確率が
落ちない精度の高いサービス、53本のエースに消耗し、勝ちを譲ったと言えます。
又、西岡良仁は、セッピの精度の高いサーブとストロークに終始先制されて、自分の
試合運びが出来ず、ミスを連発の内容で敗退しました。

○イボ・カロビッチ(クロアチア) 7-6(3),6-7(3),7-5,4-6,12-10 ●杉田祐一
○アンドレアス・セッピ(イタリア) 6-1,6-3,6-4 ●西岡良仁

残念ながら本大会3日目で、日本勢男子はすべて敗退となりました。


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0