So-net無料ブログ作成

日本がWG2部昇格を決めるフェドカップ by BNPパリバ 2018プレーオフ-英国戦 [フェドカップ]

スポンサーリンク




日本がWG2部昇格を決めるフェドカップ by BNPパリバ 2018プレーオフ-英国戦
フェドカップのワールドグループ2部昇格を懸けたプレーオフの日本対英国戦は、
21日、ブルボンビーンズドーム(兵庫県三木市)で第1日を行い、日本のナンバーエース、
大坂なおみと英国のワトソン、奈良くるみと英国のエース、ジョアンナ・コンタが対戦し、
それぞれエースが勝って、対戦成績は1勝1敗となりました。

フェドカップでは初日にシングルス2試合、第2日にシングルス2試合とダブルス1試合を行い、先に3勝したチームが勝利します。

第1日/4月21日(土)
[シングルス第1試合]
 ○大坂なおみ 6-2,6-3 ●ヘザー・ワトソン
[シングルス第2試合]
 ○ジョアンナ・コンタ 6-4,6-2 ●奈良くるみ

シングルス第3試合は、
大坂なおみ対ジョアンナ・コンタのエース同士の闘いは、コンタの早い連続攻撃に大阪が後手となり、反撃の機会を与えずコンタが勝ちました。

シングルス第4試合は、
奈良くるみ対ワトソンの対戦ですが、その中身は第1Sは3-5から、第2Sは、3-0から3-6となりがらの勝利です。

対戦は2勝2敗となり、最後の1勝が勝利となります。

ダブルスの第5試合は、
加藤未唯/二宮真琴対英国最強のジョアンナ・コンタ/ヘザー・ワトソンとの対決となり、
第1Sは、2-0を生かせず3-6で落とします。第2Sは、ネットでの積極性を貫き6-3年、最終の第3Sとなり、日本は、2-2からの第5Gで0-40のチャンスを逃すと、続く加藤のサービスゲームの0-30のピンチを、4ポイント連取で凌ぎ、次の第7ゲームのブレークに成功し、マッチポイントは、二宮の目の覚める素晴らしいリターンエースが決まり、逆転勝ちで念願のWG2部昇格を決めました。

第2日/4月22日(日)
[シングルス第3試合]
○ジョアンナ・コンタ 6-3,6-3 大坂なおみ
[シングルス第4試合]
○奈良くるみ 7-6(7),6-4 ●ヘザー・ワトソン
[ダブルス]
○加藤未唯/二宮真琴 3-6,6-3,6-3 ●ジョアンナ・コンタ/ヘザー・ワトソン



スポンサーリンク





nice!(1) 

nice! 1