So-net無料ブログ作成

錦織圭ベスト8 全仏オープン2019準々決勝で力尽きる [全仏オープン]

スポンサーリンク




第7シードの錦織の準々決勝は絶対赤土の王者第2シードのR・ナダルとの対決となりました。
この4年の錦織対ナダルの戦績は、錦織が勝利しています。

試合は現地4日14時に、ナダルのサーブで開始され、錦織の第1セットの第2と第6ゲーム
ブレークされて、第1セットは、6-1で先行される。

第2セットは錦織のサーブで開始されましたちが、サーブとショットが冴えず、ナダルに
ブレークを許しますが、次の第2ゲームをブレークバック氏並びます。
しかし、錦織の調子が上がら第3、第7ゲームをブレークされて、このセットも6-1で落とします。

第3セットはナダルのサーブからとなりますが、錦織の調子が上がらず、その第4ゲームを
ブレークされ、このセットも6-3で取られ、試合はストレート負けとなりました。

この日の錦織は、積極的に攻勢を仕掛け全力で勝ちに行きましたが、肝心の体力が、本戦以来4戦のダメージで限界であったと思われます。他方のナダルは、絶好調でこの日を迎えていました。

錦織は、第2ゲームの休憩時間に、右肘のメディカルケアを2度受けいたのが気になります。

錦織圭は、全仏オープンで、日本初のBest8の進出者です。

スポンサーリンク





nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1