So-net無料ブログ作成

日本はどこへ向かうのか? 消費税増税は、国民を疲弊餓死させる 最悪な政策シナリオです [消費税]

スポンサーリンク




日銀の統計によると、世界の20年間の平均成長率GDPは139%ですが、日本のGDPは20年前と比べてマイナス20%で世界最低の成長率となり、且つ世界でも、マイナス成長は日本だけです。
即ち、日本は世界唯一の、衰退国家のレッテルを貼られているのです。

その原因を、過って阿部内閣で内閣官房参与を務めた藤井聡氏(京都大学大学院工学研究科教授)は、1997年に行った消費税増税から1998年からデフレが始まったと言います。

その背景には、政府の言う「日本は大赤字で財政が厳しいし、増税はしょうがない…」
「社会福祉の維持に消費税が必要」の美言で国民は騙されてきました。

その緊縮財政の結果が、現在の日本です。

家庭でも毎年の緊縮家の継続で、生活に活力が出ますか。

この間、世界で国家財政で危機に陥った国も多くありますが、それらも30%以上の成長を成し遂げています。

この違いは歴然であり、国の保守的財政と経済界の放漫経営にあります。

この結果、中間層以下の貧困が増加し、経済の2極化がますます拡大しました。

ご存知のように、消費税は政府には取りこぼしのない税収法で、収入の低い国民の家計では、消費生活財比率が高くなる逆進税で、低所得者層には、極めて厳しい増税です。

この20年間の緊縮政策は、社員の実質給与は20%強の減額となるなか、消費者を増税し、その税金を企業減税に回す、国と企業を太らし続けた政策で、物価も上がり、大半の国民は、個人の生活が苦しく、子育てもままならず停滞し、生活の安全弁であった社員資格と給与制度、定年制度、年金制度の基盤も破壊したのです。

加えて近年国は、国民に自分の生活は自分で守れ、の自己防衛喚起の政策転換で、投資推奨を開始しています。

国の生産性を維持向上する中堅以下の国民は、経済力が低下し、夢を絶たれて、総じて国力の低下を容認する活力のない国となりました。

ここに、10%の増税です。

この悪政の処方箋に、何があるのでしょうか。???。

国民に活力が戻らなければ、国の財政もよくならないのです。



スポンサーリンク





nice!(1) 

nice! 1