So-net無料ブログ作成

大阪なおみウインブルドン2019苦手のツティンツェバに初戦敗退 [大阪なおみ]

スポンサーリンク




大阪なおみ(世界ランク2位)が、4大大会全ての優勝を目指し臨んだウィンブルドン女子シングルスの
初戦で、格下世界ランク39位のユリア・ツティンツェバ(カザフスタン)と対戦しセットカウント、6-7.2-6.で0-2のストレートで敗退しました。

これでツティンツェバに、2017年全仏オープン以来9大会ぶり2度目の初戦でストレートで敗退し、今回で3戦全敗となりました。

第1セットは互いに1ブレークを奪い合いタイブレークに突入。
タイブレークの前半を3-1でリードしながら、そのごミスを重ね逆転され、このセットを落とす。

第2セットは第5ゲームの大阪のサーブをリターンしたツティンツェバのチャレンジが成功しブレークされ先行を許す。続く第6ゲームには、AD-40のブレークバックのチャンスを掴むが生かせず。
第7ゲームで再びブレークを許すとそのまま2-6で敗退しました。

試合前優勝を目指し調子の良さをほのめかしていましたが、試合では、得意のサーブもツティンツェバには決まらず、強打でポイントを取りに行きミスショットを多発して自滅するケースとなりました。

この中には、ラリー展開でも通常ウィナーとなるショットもツティンツェバのスライスと巧みなリターンで対処され、攻め負けの形の敗退でした。


スポンサーリンク





nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1