So-net無料ブログ作成

錦織圭 ウィンブルドン2019[男子シングルス2回戦]を勝利 [全仏オープン]

スポンサーリンク




錦織圭 ウィンブルドン2019[男子シングルス2回戦]は、
第1セットは先にブレークを許して2-4となったが、すぐにブレークバックし、
第9Gをブレークしそのまま勝ち切る。
第2セットは冒頭のゲームをブレークした直後にサービスを落とし並ばれ、嫌な
展開となりましたが、第3ゲームで再びブレークすると、後は一人旅だった。
第3セットは、第3Gでブレークを奪うと、そのままのベースで6-0で勝つ。

この3セットで、アンフォーストエラーは17本。ウィナーは倍の34本と、数字も好調
さを証明する。ファーストサーブの確率は70%、ポイント獲得率も、ファースト
サーブ時に79%、セカンドサーブ時67%と、好調のサーブからリズムよくショッ
トを組み立てた。ネットでの得点も24と、ストロークで崩してボレーで決める形
が自分のものになってきた。1時間48分で試合を終了。

○錦織圭第8シード 6-4,6-4,6-0 ●キャメロン・ノリー23歳(英国)世界ランキング55位


錦織圭の第1回戦は、チアゴ・モンテイロ(113位)との対戦で、第1セットの第5Gを
ブレーク、第2セットは、タイブレークで7-3で錦織。第3セットは、第10Gをブレークして、6-4で下し、3-0のストレートで勝利しました。

体の切れもよく、順調な滑り出しを見せています。

○錦織圭第8シード 6-4,7-6,6-4 ●チアゴ・モンテイロ(113位)ブラジル

第3回戦は、スティーブ・ジョンソン(71位)29歳との対戦です。


スポンサーリンク





nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1