So-net無料ブログ作成

日本はどこえ行くのか? 日本憲法と中国のキャベツ戦略 [憲法改定]

スポンサーリンク




中国の一帯一路海路戦略に、中国は、フィリピン人が何世紀も漁業をしていた南シナ海の、ベトナム、マレーシア、フィリピンからの中央部に位置する、スブラトリー諸島の6諸島を軍力で占領し、それを人工軍事基地とし、その周囲24kmを一方的に禁漁区域に指定しました。

6諸島とは、渚碧礁、ガベン礁、ファイアリークロス礁、ジョンソン南礁、ヒューズ礁、クアテロン礁、です。

キャベツ戦略とは、民間船や準軍事船でその岩礁や島の周囲を、キャベツの1枚の葉で取り囲む、この小さな侵犯を時間をかけて、幾度も度重ねてそれを既成事実化し、自己の領土にする戦略を言います。

この卑劣で巧妙な手口に対して、東南アジアの被害国は抗議はしますが、戦力の差、国力の差、目先の国益を天秤に諮り、戦火を交えることなく、その侵害を泣き寝入りする現状です。

日本の尖閣諸島への年700回を超える侵犯もこれと同様のものです。
小笠原諸島や伊豆諸島でも密漁が続き、海底は砂漠化されました。

沖縄の独立をテーマにした国際会議も中国の北京で、「琉球・沖縄最先端問題國際学術会議」として、中国では公に報道され開催されています。

日本全国の水源地の中国買収も進んでいます。また、中国人の不法移住の210000人ほどが国内で失踪していると言われます。

日本全域における中国によるこれらのキャベツ戦略が、着実に積み上げられているのです。

日本国民は、これらの情報は報道されず、平和ボケのまま、これらの課題を知る人も少数で、この侵略に無関心であり、日本の政府も平和ボケのまま、この着々と進行する国土の侵略を容認しているのです。

共産党は一党独裁体制であり、世界の中国国民は国の命令で、即、民兵組織に変化します。

日本憲法は、国の防衛に隙だらけで、害虫の美味しい餌となっているのです。
独立日本の、真の平和憲法が待ったなしに必要なのです。


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0