So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

錦織圭「ウィンブルドン」男子シングルス2回戦苦手トニックと対戦 [ウインブルドン]

錦織圭の男子シングルス2回戦は、世界ランキング184位のバーナード・トミック(オーストラリア)と対戦です。

対戦相手のトミックは現在25歳で、ジュニア時代から「将来のオーストラリアを背負う存在」として期待された逸材で、2011年の「ウィンブルドン」ではベスト8に進出するなど、錦織の最高成績を超えるており、2016年1月にはキャリアハイで17位を記録する成績を残していますが、ただムラがあり、昨年は無気力プレーが目立ち、現在では184位と落ちています。

が、このランクにある選手ではなく、その実力は、錦織とトミックの過去の対戦成績を見ても2勝2敗で、しかも、直近の2016年の2戦では、錦織は連敗している要警戒の相手です。

1回戦の錦織は、強い風で集中力を散らして第2セットを落とし、勝利はしたものの、この苦手トニックの試合が、錦織の復調を見る大きな山場と言えます。

試合は、錦織のサーブで開始されて、互いにサービスゲームをキープし互角の流れかと思われましたが、第5Gに入り突然、錦織のサーブとショットに乱れが出て、5Gと7Gを連続して簡単にブレークされて、そのまま第1Sを2-6で先取されます。

第2Sで錦織は、集中を取り戻し、サーブの確率も上がって、トミックのやや弱点のバックに球を集める戦法で、厳しいラリー戦に耐えながら相手のミスを引き出し、第8Gで、待望のブレークを取り、何とかそのまま逃げ切り、第2Sを6-3で取り、タイとします。

第3Sは、トニックのサービスで開始し、錦織のサーブも70%台と、両者サービスゲームをキーブして、後半に入ります。

後半に入り、トミックの強烈な1stサーブの入りが悪くなり、錦織は、これを逃さず第8Gをブレークします。が、ここから錦織の1stが6連続入らず、トミックに狙われて第9Gでブレークバックされて、タイに持ち越し、タイを制してこのSを7-6で勝ち越しました。

第4Sは、錦織のサーブでの開始ですが、1stサーブの入りが戻り、トミックのサーブの入りは50%台に落ちましたが、要所で1stが入り、両者サービスゲームをキープして緊迫の展開となり、この流れが最終の第12Gまで続きますが、ここでトミックのダブルフォルトが出、ディース3回の末、トミックのバックのミスショットで、7-5で決着し、錦織の2時間越えの2回戦を、3-1で勝利し、3年連続の3回戦に進みました。



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

大坂なおみウィンブルドン2018の初戦を難なく勝利 [ウインブルドン]

大坂なおみ世界ランク18位は、テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の3日目、女子シングルスの1回戦が行われ、大坂なおみ第18シードと、世界ランク61位のM・ニクルスク(ルーマニア)が対戦し、ニクルスクを6-4, 6-1のストレートで破り、同大会2年連続の初戦突破を果たしました。

ニクルスクはフォアハンドのスライスを多用する選手ですが、このニクルスに対し、大阪は、持ち前の豪快なサーブとフォアハンドのウィナーを決めて、第1セット、第2セットを1ゲームしか与えずに、僅か1時間の勝負で快勝しました。

大阪は、先の「バーミンガム・クラシック」に出場し、1回戦でケイティ・ブルター(イギリス)に6-1、6-2で勝利。2回戦に進出していたものの、ダリラ・ヤクポビッチ(スロベニア)との試合中に、大坂が腰部の怪我で棄権して、先が危ぶまれましたが、最近の大阪は、自分の体の調子を知り始め、けがなどの回復を最短に考えたメリハリをつけた身体管理をしています。

このため、精神的にも肉体的にも、昨年と比べ、世界ランキングも昨年の48位から同18位へと急速な成長がみられています。

大坂(20歳)は、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で、四大大会初のベスト16進出し、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では3回戦まで勝ち上がる成績を残しています。

本大会の2回戦では、K・ボールター(英国)とV・セペダ=ロイ(パラグアイ)の勝者と対戦です。



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

錦織圭 ウィンブルドン(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)初戦を突破 [ウィンブルドンテニス]

錦織圭世界ランキング28位第24シードは、ウィンブルドン(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の2日目、男子シングルス1回戦でクリスチャン・ハリソン世界ランキング198位(アメリカ)と初対決で、6-2、4-6、7-6(3)、6-2のSCを3-1で勝利し、7年連続初戦突破を果たしました。

錦織は、コイントスで珍しくサーブを選びます。
これは、最初からメンタルの積極性で3-0でこのセット(S)を取るためでした。

試合内容は、
第1Sは、第6Gをブレーク。
第2Sは、第4Gと第6Gをブレークされましたが、第8Gをブレークバック。
第3Sは、第4Gをブレークするも、第5Gデブレクバックされタイブレークを7-3。
第4Sは、第1Gと第3Gを連続ブレーク。

錦織は、ウィンブルドン前哨戦の『男子テニスATPワールドツアー500 ハレ』での乱調後の試合だけに、不安がありましたが、積極的になりすぎてのミスショットがまだ多く見受けられます。

錦織圭は、テニス4大大会(グランドスラム)で、ウィンブルドンでは未だベスト8に入ったことがなく、今回こそと狙っているのは確かですが、知性、感情と体が一体となった戦いが求められます。

1回戦を突破した錦織は、2回戦を、バナード・トミック(同198位)と、大会4日目となる7月5日に行われる予定です。



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

日本サッカー代表ベスト8に惜しくも届かず [サッカー]

日本サッカー代表はW杯ロシア会場で、日本時間7日午前3時に、日本サッカー史上初のベスト8をかけ、世界ランク3位のベルギーとの決勝リーグ戦がキックオフしました。

ベルギーの今大会の1次リーグは、3戦全勝で、最多得点の9ゴールを挙げ絶好調で対します。

新任西野監督は、この試合の先発メンバーに、GK.川島、DF.長友、昌子、吉田、酒井、MF.長谷部、柴崎、乾、香川、原口、FW.大迫、の1-3-2-4-1の布陣で臨みます。

前半は、ベルギーが6割程度のボールをキープして、日本ゴールを脅かしますが、日本はこれによく組織的に耐えて、日本も3度ほど反撃に出ますが、惜しくもゴールを割ることができず、前半を0-0で終えます。

後半に入り、その3分にカウンター攻撃で原口がゴール、そして7分立て続けに乾のミドルシュートがゴールに突き刺さりました。

日本チームが2-0とリードする思わぬ展開となりました。

当然、百戦錬磨のベルギーは高さのある選手を追加して猛反撃に出て、シュートを打ち続けます。
日本は我慢の時間帯となりますが、ベルギーの猛攻から、24分左からのミドルシュートでゴール右に、CKからヘディングで右ゴールを決められ、2-2と並ばれます。

ADタイムり入り、原口と代わった本田が中央ミドルのセットプーレから、ゴール左を狙いますが、GKに阻まれ、その後のペナルティーエリアのもみ合いのこぼれた球をベルギーにひろわれ、一気にカウンター展開で、手薄の日本ゴール前にベルギーの3名の連携で、終了寸前に左にゴーを許し、ついに日本は3-2で惜敗しました。

本当に両チームが死力を出し切った素晴らしい試合でした。

日本代表のベスト8は成りませんでしたが、ベスト16は2010以来の2度目の快挙で、大いに称えられる世界の見る目の変わった成績でした。



nice!(2) 
共通テーマ:スポーツ

日本の平和ボケの実態 [中国]

経済評論家の三橋貴明氏のコラムに、中国に乗っ取られる危惧を次のような点で、政治と国民に警鐘を鳴らしています。

隣国中国の大手検索サイトでは、「日本」「治療」「保険」と打ち込むと、数多くのホームページが出てきます。

それは、何を目的で中国人がこの検索をするかと言いますと、日本で安全・安心で高度な治療を受けるためです。

これは、NHKの取材で判明したものですが、しかし殆どの日本国民は、このことに深堀はしませんが、大きな問題を抱えています。

その問題点は、治療を受けるために日本へやってきた中国人は、原則、国民保険に入ることはできませんが、「留学」や「経営」などと入国目的を偽って在留カードを取得して、日本の国保に加入し、1~3割の自己負担で高額な治療を受け帰国する、不正な事例が増加しているのです。

しかも、来日の彼らは前年度に、日本での収入がないため保険料を最低額の月4000円程度しか払っていないのに、本来は90万円ほどする医療サービスを保険を使い8万円で受けている例もあります。

これらのノウハウを中国のホームページが斡旋機能を果たしているのです。

これらの悪用が見られるのは、肝炎の治療や高額な抗がん剤、移植医療などがあり、がん治療薬「オプジーボ」をはじめ薬剤の高額化が進む中で、且、政府が進める医療ツーリズムで日本の公的医療保険制度が悪用されるなら、可なりの医療費増大につながることになります。

生活保護受給者は厚生省の資料で、この10年で倍増し5万人に達する増加ぶりです。

その他に、中国人による全国規模で土地の買い占めも気が付かない様に進んでおり、平和ボケし金銭奴の日本は、着々と、日本の税金と財産を中国人に奪われているのです。

日本政府は、平和ポケからこれら国土に対するソフト侵犯対策の法的規制が抜けており、また国民も、目先の利益を重視優先して、不法国土侵犯を許しているのです。

そして、今や日本は、外国人移民数では、世界第4位の高位置にあることを国民は、意識しなくてはなりません。



nice!(2) 
共通テーマ:ニュース